主婦でもタクシードライバーとして稼げる!女性にオススメなタクシー会社も紹介!

近頃女性タクシードライバーの活躍が目覚しいですよね。運転が好きな女性の中にはドライバーという仕事に興味がある方もおられるでしょうが、「夜勤ができなくてもタクシー運転手として働ける?」「タクシードライバーには特別な資格が必要なのだろうか?」など疑問や不安も多いのではないでしょうか。そこで今回は、今後ますますタクシー業界で女性乗務員の増加が期待される理由を解説します。実は主婦をはじめとした女性がタクシードライバーに向いている理由もおわかりいただけるでしょう。

この記事を読んだらわかること

☑︎女性が働くのにオススメなのはこんなタクシー会社!
☑︎女性タクシードライバーが重宝される3つの理由
☑︎タクシー業界で女性が稼げる3つの理由
☑︎女性が安心して入社できるタクシー会社はどう見分ける?

女性が働くのにオススメなのはこんなタクシー会社!

もともとフェアな実力主義社会であり、女性も男性と対等に働けるのがタクシー業界の良いところですが、より働きやすい環境で業務に打ち込みたいという場合は、女性ならではのタクシー会社選びも必要です。ここでは、女性が働くのにおすすめのタクシー会社の特徴をご紹介します。

無資格・未経験者なら教育制度が充実したタクシー会社に転職

タクシー運転手は運転が好きな人に向いている仕事なので、女性の中でも運転を日常的している方やドライブが好きな方などにはぴったりです。ただ、タクシードライバーとして働く場合には、普通自動車第二種免許の取得が必須となります。資格取得や一部エリアのドライバーに課される地理試験のハードルを低くしてくれるのが、教育制度が充実しているタクシー会社です。特に大手タクシー会社に顕著ですが、資格取得を費用面はじめさまざまな角度から支援してくれます。研修制度が充実している会社なら、テクニックはじめ接客などについても勉強でき未経験者にも安心です。

主婦や子育て世代なら働き方を選べるタクシー会社に転職

タクシー業界はそもそも働き方の自由度が高いのですが、育児中の方などは、主婦が働きやすい勤務体制をしいている会社を志望すると良いでしょう。夜日勤はもちろん、夜勤の要素も含む長時間勤務形態の『隔日勤務』などを担わなくて良い会社を探す必要があります。

女性歓迎を裏付けるような体制が整っている会社に転職

最近では、もっと女性ドライバーに活躍してもらうために、数々の趣向を凝らしているタクシー会社も増えています。女性用の更衣室を設置していたり、業務時の防犯に注力していたり、また育児中の方のために地域の保育園と業務提携している会社もあります。先ほどもお伝えしましたが、希望する勤務時間に柔軟に対応してくれる会社も少なくありません。

女性タクシードライバーが重宝される3つの理由

女性タクシードライバーが増えているのは事実ですが、ただ数が増えているだけではなく、タクシー業界では実際問題として職場や営業面で女性乗務員を必要としています。ここでは、タクシー業界で女性ドライバーが求められている理由をご紹介します。

きめ細やかな接客

タクシー業界は性差なく対等に稼げるフェアな業界なのですが、女性ならではの心配りが乗客から喜ばれるという現実は否めません。目的地までお乗せする短い時間であっても、女性ドライバーの癒しの雰囲気は多くのお客様から評価されています。

高齢者や育児中の顧客からのニーズ

タクシー業界で活躍する女性の中には主婦や育児・介護経験の豊富な人材も少なくありません。現在のタクシー需要は、これまでの観光・行楽やビジネスだけでなく、介護タクシーやお子様向けの送迎サービスなど、お客様の日常に寄り添ったサービス提供が増えていくものを予想されています。女性の家庭における経験は、こうした需要を支える大きな力となり得るのです。

職場や車内の雰囲気を良くする

男性がまだまだ多いタクシー業界では、女性ドライバーの存在が雰囲気を明るくし和らげる傾向があります。いろいろな意味で男女が対等な業界なので、女性だからといって差別的な扱いを受ける不安はありませんが、女性ドライバーの活躍が現場のムードを良くしていると実感しているタクシー会社は多数見受けられます。

タクシー業界で女性が稼げる3つの理由

女性の求人を歓迎しているタクシー会社は、女性のやわらかいイメージや人生経験からくる能力を求めているだけではありません。タクシー業界は女性が活躍ししっかり稼げる風土を持った業界なのです。ここでは、他業種に比べてタクシーの仕事が女性にとって稼ぎやすい職業と言える理由をご紹介します。

男女差なしに稼げる実力社会

先ほどから何度かお伝えしていますが、タクシー業界は男女とも仕事内容も待遇も同じでありきわめて平等です。勤務形態や営業する時間帯によって報酬が異なることはありますが、それはあくまで個人間の違いなので、頑張れば頑張っただけ収入を増やすことができます。

国土交通省も公式に女性ドライバーを応援

国交省がタクシー事業における労働力不足の解消に向けた女性の新規就労・定着を提言し促進していることをご存知でしょうか。この動きは「女性ドライバー応援企業認定制度」として業界内では浸透しており、各タクシー会社は女性がさらに働きやすくなる環境整備をどんどん進めています。主婦として頑張ってこられた方などの適性がタクシードライバーの適性とリンクする点が多いことにもご注目ください。

働き方が選べる

タクシー業界には、柔軟に労働形態を選べる会社も多くあります。そもそもタクシードライバーには昼日勤・夜日勤・隔日勤務という主に3つの働き方がありますが、このうち夜日勤と隔日勤務は深夜に乗務しなければなりません。女性がドライバーになる場合は、夜の乗務は避けたいという要望を聞いてくれる会社を選ぶのも一案です。また、育児している時代には昼日勤のみで、子供が手を離れたらそれ以外の形態も取り入れるなど、それぞれの生活スタイルに応じた働き方をさせてくれる会社を選べば、なお安心して稼ぐことができます。

女性が安心して入社できるタクシー会社はどう見分ける?

女性ドライバーを本当に歓迎している会社を見極めるのは実際問題難しいと言わざるを得ません。女性が働きやすい会社の情報を得るためには、タクシー会社を気軽に調べられる検索サイトなどもありますが、それぞれの条件や事情を汲み、その希望に合ったタクシー会社を紹介してくれるエージェントに相談するのがベストではないでしょうか?

弊社プロタクは、タクシー業界に精通した転職支援業者です。転職希望者の方の目線で、各自の希望条件に沿った会社をご紹介するだけでなく、タクシー業務に関する生きたノウハウや稼ぎ方のコツなどもレクチャーしているワンランク上のコンサルティングを行っています。女性ドライバーを歓迎している会社、主婦の方が働きやすいタクシー会社を紹介してほしいとお考えの方は、ぜひ私どもプロタクまで一度ご相談ください!

【まとめ】タクシーの仕事は女性にもかなりオススメ!

タクシードライバーは女性・主婦の方の経験を活かすことができるうえ、男性とも対等な条件で働けるフェアな環境が根付いているので、女性の転職先としても大変おすすめの職業です。ただし、働き方や研修制度など、自分自身が望む条件を備えた会社に入社しないと働きづらく稼げないリスクがありますので、会社選びは十分慎重に行うようにしましょう。どの会社がいいのかわからなくて悩んでいるという方は、ぜひ弊社プロタクまでご相談くださいね。

この記事のまとめ

☑︎主婦や育児介護等の経験はタクシー業務にとても役立つ
☑︎女性ドライバーの存在は乗客だけでなく職場の雰囲気を明るくする効果もある
☑︎女性タクシードライバーを育成し活躍してもらおうという国を挙げての動きが見られる
☑︎条件や雰囲気に性差なく平等で働き方に柔軟性があるタクシードライバー職は女性向き
☑︎業界全体に女性歓迎ムードがあるが、女性ドライバーを本格的に歓迎しているタクシー会社を見極めて転職するとより働きやすくなる
転職相談の方はこちらをチェック