若者やフリーターの副業にタクシー運転手がオススメな理由とは?副業ドライバーはどんな人がいる?

タクシー運転手は専業でしか務まらないのだろうかという疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。実はタクシー運転手の中には、さまざまな仕事や活動に打ち込みながら、時間を上手に使ってタクシー常務をしている副業ドライバーも少なくありません。今回は、アルバイトや副業としてタクシー運転手の検討をしている人のために、タクシー業が副業に向いているかどうかを検証し解説していきます。アルバイト感覚でタクシーの仕事をしてみたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

この記事を読んだらわかること

☑︎副業タクシードライバーにはどんな人がいる?
☑︎若者やフリーターにタクシーの仕事をオススメする理由
☑︎タクシードライバーを副業にする際の注意点とは?
☑︎副業歓迎のタクシー会社をどう見分ける?

副業タクシードライバーにはどんな人がいる?

タクシー業界では副業を禁止している会社はあまり見かけません。諸手を挙げて副業を歓迎しているというわけではないにしても、許容する土壌ができているのは確かです。ここでは、タクシー運転手を副業としている人の中にはどんな人がいるのかをご紹介します。ご自分にあてはまるかどうかをチェックしながらご覧ください。

夢を追いかけている人

何かの目標に向かって学校へ通ったり団体に所属したりしながら、都合のいい時間帯にタクシー業務をこなして効率よく稼いでいる運転手は少なくありません。逆に幅広くさまざまな職歴・経歴を持った人が転職先としてタクシー会社を選ぶケースも大変多く見受けられます。タクシー業界全体にそれぞれの働き方を尊重する風土があるのは、こうした背景によるものなのかもしれません。

フリーター

アルバイトとしてドライバーに従事することも可能です。世間には正社員ではなくアルバイトという形態で仕事をしたい人もいます。複数の仕事をかけもちで行う必要がある方などが、その一つとしてタクシードライバーで稼いでいるケースも実際に見受けられます。

昼間や夜間お勤めしている人

日中や夜間、他に仕事を持っているものの空いた時間にもう少し働きたいという人が空き時間をタクシー業務にあてている場合があります。タクシー運転手は働き方の自由度が比較的高い勤務形態なので、副業先として選択する方も少なくありません。一回の乗車で長時間働くことができて月間の休日が多い「隔日勤務」という勤務形態もあります。

若者やフリーターにタクシーの仕事をオススメする理由

タクシー運転手の全国平均年齢は60歳程度と高齢です。現在、タクシー業界では人手不足の深刻化もあり、若い層のドライバー育成に注目しています。実際に若者やフリーターをタクシードライバーとして迎え入れるタクシー会社は増加傾向です。ここではタクシードライバーが若者やフリーターにおすすめできる理由を解説します。

働き方の自由度が高い

先ほどの章でも少し触れましたが、タクシードライバーには昼日勤・夜日勤・隔日勤務といった多様な働き方があります。また、ドライバーそれぞれケースバイケースで労働形態について相談に乗ってくれるタクシー会社も存在します。このような背景から、タクシードライバーは他に仕事ややりたいことががある人でも副業しやすい職業と言えます。

普通自動車免許を所持していれば求人応募できる

タクシードライバーとして働くためには、普通自動車第二種免許の取得が必要です。しかし、多くの大手タクシー会社では未経験者や無資格者であっても、教育面・資金面でサポートしてくれるケースが多いので安心して求人応募することができます。必ずしも採用試験を受ける前や入社前に資格を取っておく必要がないということです。

タクシー運転手は将来の保険になる資格職

先述しましたように、タクシー運転手として働くには普通自動車第二種免許の取得が欠かせません。この資格取得とドライバー歴があれば、万一今向かっている目標がなかなか叶わなくても食べていくことができます。タクシー業界は慢性的な人手不足で売り手市場が続いており、雇用が安定的なのも魅力です。

タクシードライバーを副業にする際の注意点とは?

タクシードライバーは副業に適した職業であるとお伝えしてきましたが、副業としてタクシーを仕事にする際には、気をつけていただきたいポイントがあります。ここではそのポイントを以下の3つに絞って解説します。

・実際に副業ドライバーが多く所属している会社を選ぶ
・本業の就業規則を確認
・自己管理に注意する

それでは、それぞれの注意点を具体的に見ていきましょう。

実際に副業ドライバーが多く所属している会社を選ぶ

副業OKなどとうたっていても、実際のところ副業を実践しているドライバーがあまりいない会社だと、副業している人が気を使ってしまって仕事がしづらい場合があります。副業としてドライバーを選ぶ方は、肩身が狭くない雰囲気のある会社を選んで入社することをおすすめします。

本業の就業規則を確認

たとえ入社したタクシー会社側が副業を認めても、本業や別の職場の就業ルールで副業・かけもちがNGとなっている場合ですと、ペナルティが課せられるリスクがあります。タクシー会社の採用試験を受ける前には、現在勤めている会社やお店などが副業やかけもちを認めているかどうか、就業規則に目を通して必ず確認するようにしましょう。

自己管理に注意する

副業でドライバーをする人の多くは、トータルの労働時間が長くなりがちです。せっかく色々な職場で頑張っているのに、体調管理ができずにどの仕事にも集中できない状態になってしまったら目も当てられません。副業でタクシー運転手として働く方は、心身の健康を保つことができるよう無理のないスケジュール調整を心がけることが重要となります。睡眠不足は事故につながりかねないので特に注意しましょう。

副業歓迎のタクシー会社をどう見分ける?

本業、またはかけもちの職場のルールで副業がOKであれば、他に仕事をしながらタクシー運転手として稼ぐことは可能です。しかし、「副業におすすめ」とうたっていながら、実際に入社すると副業で働いている人が少なくて居心地が悪いなどという場合もあります。そのため、別のことをやりながらタクシー運転手の仕事も頑張りたいたいという方は、副業で働きやすいタクシー会社を選んで採用試験を受けることが大事です。

そうなると、「副業しやすい会社」をどう見極めるのかが問題となってきます。先ほども少し触れましたが、求人募集広告なでで副業可と記載されていても、実際にはあまり副業しているドライバーがいなくて、暗黙のNGなどとなっている会社もあり得ます。実際の会社の体質を把握するには、業界の最先端の情報をよく知る人から助言を得るしかないのです。

弊社プロタクは、タクシー業界に太いパイプを持つコンサルタント会社です。タクシー会社に転職して収入を上げたいという方の希望条件に沿った会社をご紹介するだけでなく、業界内の裏話や稼ぐためのテクニックなど、幅広い情報を惜し気なく伝授しています。自分にとって働きやすい優良なタクシー会社に転職したいという方は、ぜひプロタクまで一度ご相談ください!

【まとめ】タクシードライバーは副業としてもオススメ!

タクシードライバーの仕事は働き方に多様性があるため、副業にも向いています。ただ、それは所属するタクシー会社はもちろん、かけもちしている職場の就業規則で副業が認められている場合に限られるので注意が必要です。重要なのは、副業を許容する雰囲気の会社を選んで入社することであり、副業でタクシー運転手になりたい場合はその見極めが求められます。どのタクシー会社が副業しやすい雰囲気かわからないという方はプロタクへお問い合わせください。

この記事のまとめ

☑︎タクシー運転手を副業に選ぶ人は他に目標や職業を持っている人などさまざま
☑︎働き方の自由度が高く資格取得できて将来の保険にもなるタクシー運転手は副業に向いている
☑︎副業としてタクシー運転手を志願する場合はかけもち先の就業規則を要確認
☑︎副業OKと記載されていても実際には歓迎ムードでないタクシー会社もあるので会社選びは慎重に
転職相談の方はこちらをチェック