西日本でタクシードライバーに転職したい人必見!検討すべき大手5社選!

日本第二の都市大阪や一大観光地である京都・神戸などを含む西日本では、インバウンド観光の成長により、今後ますますタクシー業界が活気づいていくことが予想されます。転職を検討されている方の中には、魅力的な行楽地が多い西日本でタクシー運転手として働くことに興味を持っている方もおられるのではないでしょうか?タクシー業界へ転職するなら、稼ぐためのノウハウがすでにできあがっている大手タクシー会社がおすすめです。そこで今回は西日本でも屈指の規模と人気を誇る大手タクシー会社を5つご紹介します。タクシーの仕事に関心のある方は、ぜひ転職先選びの参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

☑︎大手と中小、タクシー会社の規模による違いとは?
☑︎転職希望者が知るべき大手タクシー会社5選!西日本編
☑︎タクシー会社選びは転職成功の鍵!重要なポイントとは?

大手と中小、タクシー会社の規模による違いとは?

同じタクシー業なら、大手も中小も同じなのではないかと思われる方もおられるかもしれません。しかし、実際にはやはり歴然とした差があるのが現状です。ここでは大手タクシー会社と中小零細規模のタクシー会社で働く場合にはどんな違いがあるのかを解説します!

従業員数や稼げる環境整備が違う!

大手タクシー会社とは従業員が1000人単位で社会に広く知名度がある会社のことです。従業員1000人未満で100人単位の会社を準大手と呼ぶ場合もあり、さらに従業員数100人未満の会社が中小規模とみなされるのが一般的です。従業員数が多い会社は資金力・スケール・人材が豊かなのが特徴で、自ずと労務管理や働き方もシステマティックになります。また、老舗企業が多く実績があるので顧客をたくさん持ち、配車・予約数が多いのもメリットです。専用待機場所や配車アプリがある企業がほとんどなので、新人ドライバーも無理なく営業できる傾向にあります。

福利厚生の充実度が違う!

大手タクシー会社は豊富な従業員を支えるための体制も充実させていかなければなりません。結果的に福利厚生が充実し、従業員の快適性が高まるといった良循環が生まれます。浴室・休憩室といった社内施設はもちろん、ジムや保養施設といった業務外でのリフレッシュ設備を整えている社も珍しくない上に寮・社宅を完備している会社も多く、地方出身者を中心に住まいの不安も解消してくれます。

教育・研修制度が違う!

大手タクシー会社は多くの従業員をキープするために新たな人材確保に対して経費や労力を使う必要があります。しかも、老舗のブランドを守るために質の良い教育を行わなければなりません。転職者が非常に多いタクシー業界では教育・研修制度の構築が大きな課題ですが、大手ほどこの仕組みが充実しているのは顕著です。未経験者が必要資格を取得するところからサポートし、交通の基本・運転・接客のテクニックまでを段階的にと教えてくれるだけでなく、研修中や新人期間の給与保証まで手厚くカバーしてくれるのは大手ならではです。

転職希望者が知るべき大手タクシー会社5選!西日本編

西日本には有力な大手タクシー会社がたくさんありますが、ここでは5社に厳選し、採用面の特徴を中心にご紹介していきます。関西を中心とした西日本でタクシー業界に転職を検討している方はぜひ参考にしてくださいね!

日本タクシー株式会社

大阪最大手と言われる日本タクシーは創業1950年という老舗で、大阪において抜群の人気・認知度の高さを誇ります。未経験者に対しての教育制度の充実に定評があり、資格取得のサポートはもちろん、研修期間中の日給保証など手厚いのが特徴です。また、女性ドライバーの採用にもたいへん積極的で、女性が働きやすい環境整備にも注力しています。

東京・日本交通株式会社

難波・堺・高槻・京都・神戸に事業所を持つ東京・日本交通。入社2年目のドライバーの平均収入が450万円ほどと全国平均を大きく上回っているのは、最先端のアプリ導入や多くの一流企業とのチケット契約など稼げるノウハウが豊富だから。一般的な乗務員はもちろん、観光のプロであるインターナショナルドライバーや国内外のVIPをお乗せするハイグレード乗務員などワンランク上のプロフェッショナルの育成にも力を注いでいます。

MKタクシー

今では全国的な一大ブランドとなったMKですが、特に京都ではナンバー1のシェアを誇り、絶大な人気を持っています。営業方法や働き方に大きな特徴のあるMKタクシー。業界では効率良く稼ぐ働き方として浸透している隔日勤務をなくし、従業員の長時間労働を抑制しています。また、豊富な予約業務を優先させることで、駅待ち業務もカット。無駄を省くことで仕事の効率化を図り、乗務員の負担も減らしている会社です。

神戸相互タクシー株式会社

神戸相互タクシーは知名度・人気・タクシー台数どれをとっても兵庫県ナンバー1と言われる大手タクシー会社です。顧客からの支持が厚いだけでなく、従業員の働きやすさに対する取り組みにも熱心で、有給休暇の消化率は実に全体の9割以上であるといいます。観光タクシー・介護タクシー分野でも抜きん出た存在であるうえ、教育制度も充実。さまざまな異業種からの転職者も活躍できる土壌がある企業と言えます。

未来都タクシー

大阪府内に9か所の事業所を持ち、働きやすい営業エリアで働けるのが未来都タクシーです。優良な顧客からのニーズが絶えないため、配車も豊富で新人ドライバーも無理なく業務に専念することができます。また研修制度も充実しており、技術面での専門的なサポートはもちろん、接客技術の講習もきめ細やか。タクシー業未経験者だけでなく、接客業の経験が浅い方の転職にも向いている大手企業と言えるでしょう。

タクシー会社選びは転職成功の鍵!重要なポイントとは?

先章では西日本で有力な大手タクシー会社を5社ご紹介しましたが、大手企業だからこそ採用・労務面の条件が良いのはどの会社も同じとも言えます。転職を検討している方が自分自身に合う企業がどこかを見きわめるにはどうしたら良いのでしょうか。ここでは大手タクシー会社の中から1社を選ぶ際のポイントをご紹介します!

大手企業はどこも好条件!大事なのは自分が希望する条件

給与面はもちろん、新人期間の最低保証や資格取得サポート、働き方の自由度、福利厚生の充実など、大手会社ともなるとどの会社も一定以上の水準の条件を提示しています。その中で転職希望者自身に合う会社を選び出すためには、自分自身がどんな労働条件を望むか優先順位をつけながらしっかりと決めることが重要です。給与の歩合率は60%近くがいいとか、休みは月何日以上欲しいなど、なるべく具体的な条件を考えましょう。

会社選びを失敗したくなければプロを活用するのもオススメ

特にタクシー業未経験の転職者の方には、稼ぎ方が確率されて研修中にも給与が保証がある大手会社はおすすめですが、実際の社風などにはやはり違いがあるものなので、ご自分と会社との相性を見きわめることは大変重要です。しかし、このような実際の雰囲気を業界外から見分けるのは難しいのも事実。そこでおすすめなのはタクシー転職に特化したプロのコンサルタントへの相談です。条件を決め、こんな雰囲気の会社で働きたいという説明さえあれば、コンサルタントがあなたに最適な会社を紹介してくれるので、転職失敗のリスクを大幅に下げることができます!

【まとめ】大手タクシー会社にもそれぞれ特色がある!

西日本には首都圏に引けを取らない有力なタクシー会社が豊富ですが、転職を希望する方にとっては、どの会社も魅力的で、知れば知るほど会社選びに迷ってしまうのではないでしょうか?失敗しない転職先選びで重要なのは、自分の希望条件を明確にしておくということです。ただ、さらにそこから希望条件に合う会社を選択し、自分にとって働きやすい会社かどうかを見きわめなければなりません。会社選びが不安な方は、プロのコンサルタントに相談してご自身に最適な会社を紹介してもらうのが賢明です。その際には、就業サポートだけでなく業界のさまざまなノウハウを楽しく親切にレクチャーしております弊社プロタクまで、ぜひ一度お問い合わせください!

この記事のまとめ

☑︎大手タクシー会社は稼ぎやすい環境が整っていて業界未経験にもおすすめの転職先!
☑︎西日本には待遇・福利厚生・研修面が充実した大手タクシー会社が豊富
☑︎会社選びは転職成否に直結しているので不安があればプロのコンサルタントを頼ろう!
転職相談の方はこちらをチェック