タクシードライバーの年収はどのくらい?稼げる人と稼げない人の違いを検証!

タクシードライバーを転職先候補の1つに挙げているものの、現職よりも収入が増えるのかどうか不安だという方も少なくないでしょう。確かに、せっかく資格まで取得してタクシードライバーに転身したのに、前職よりも収入が少なかったら困りますよね。そこで今回は、タクシードライバーの年収について解説していきます。タクシー運転手の全国平均年収はもちろん、平均年収からだけでは見えてこない年収格差や稼げるドライバーと稼げないドライバーの違いについてもお伝えしていきますので、タクシー業界でしっかり稼ぎたい方はぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

☑︎タクシードライバーの平均年収
☑︎稼げるドライバーと稼げないドライバーの違いとは?
☑︎タクシーで稼ぐには会社選びも重要!

タクシードライバーの平均年収

全国のタクシードライバーは、年間どのくらい稼いでいるのでしょうか?そして、平均額を見ただけではわからない、ドライバーによる収入差はどんな理由から生じるのでしょうか?ここではタクシードライバーの年収に関する基礎知識をご紹介します!

タクシードライバーの全国平均年収は約300万円

タクシードライバーの全国平均年収はおよそ300万円です。300万円は想像よりも少ないと思われる方は多いかもしれませんね。というのも、世間では「タクシードライバーは月収50万円以上稼げる」という噂を耳にすることがあり、タクシー会社に転職すれば高収入を得られるのではないかと期待している転職希望者が少なくないからなのです。

実は月収50万円程度を稼ぐ、つまり年収に単純換算すると600万円程度稼ぐタクシー運転手はたくさん存在します。高収入のドライバーからそうとは言えないドライバーまで、全国のあらゆるタクシー運転手の平均収入が約300万円であるということに過ぎないのです。このことについて、次に詳しくご説明しましょう!

平均年収額の落とし穴

全国タクシードライバーの平均年収額は約300万円であると先ほどご紹介しました。しかし、この数値は、あくまであらゆる条件下で働く乗務員の全国平均です。タクシー運転手の平均年齢は60歳前後と高齢ですが、高齢であるがゆえに余裕のあるシフトで勤務にあたっている人や年金受給額が下がらないよう収入を調整している人もいます。

また、主婦ドライバーの中には扶養控除の観点から収入を抑えている人もいますし、パートやアルバイトでタクシー運転手をやっている人は勤務時間が短く収入も少なくなりがちです。他にも、昼勤しか行わないドライバーは夜勤もするドライバーよりもどうしても収入が下がります。

さらに、乗務員の収入レベルが全国トップの東京では平均年収が450万円程度となっており、全国最低水準の都道府県の倍近くの値となっています。このように、タクシードライバーの年収は営業する場所・働き方などによってかなり差が出てくることを覚えておきましょう!

個人タクシードライバーの平均年収はやや高水準

先ほどご紹介した300万円というタクシードライバーの全国平均年収は、タクシー会社に所属するいわゆる「法人タクシー」で稼ぐドライバーの平均年収値です。タクシーには法人タクシー以外にも、個人で独立して開業した個人タクシーという営業形態があります。

個人タクシーは法人タクシーと違って会社に売上を分配する必要がないため、平均年収は法人タクシー運転手よりも高い水準となり、全国平均では350万円程度とされます。しかし、営業エリアや本人の仕事のペースなどによって収入差ができるのは個人タクシーでも同じであり、東京の都心部でばりばり稼ぐ個人タクシーなら年収600万円を下らないドライバーもざらで、中には年収800万円を越えるカリスマも存在します!

稼げるドライバーと稼げないドライバーの違いとは?

どんな仕事でも同じですが、仕事ができる人とできない人との間に収入の差が生まれることは当然と言えます。タクシー運転手になりさえすれば年収が上がるのではなく、稼げるドライバーになるための行動や考え方を実践することで稼げるようになるのです!ここでは稼げるドライバーと稼げないドライバーの違いについて解説します。

稼げる人と稼げない人の収入格差はこんなにある!

全国屈指の平均年収を誇る東京のタクシードライバーの中でも、さらにトップレベルの乗務員ともなると、年収500~600万円越えする人はザラです。中には年収800万円や1000万円レベルの凄腕ドライバーも存在します。一方、人口やタクシーの需要自体が少なくタクシー会社自体が潤っていない地域では、年収200万円を下回る乗務員がいることも事実です。ドライバー本人の努力だけではどうにもならない労働条件があることも知っておきましょう。

稼げるタクシー運転手に共通する特徴とは?

稼げるタクシードライバーは勤務中ずっと「いかに効率良く稼ぐか」について考えています。総走行距離に対して乗客が乗っている距離率を「実車率」と言いますが、この実車率を上げるために空車でいる時間が少なくなるよう緻密に計算しながら営業します。

それには時間帯ごとのタクシー需要の発生場所を意識したり、需要が少ない時間に休憩を取ったりと、行動に無駄を作らないことが大事です。また、信号待ちでは交差点でタクシー待ちしている方や横断してくる方をお乗せできるよう、なるべく先頭で停車するといったテクニックも駆使します。さらに、勤務ごとに高い売上目標を設定し、反省や改善を怠りません。

稼げないタクシー運転手に共通する特徴とは?

稼げないタクシー運転手は、真面目さとやる気に欠けます。駅などのタクシープールで常に待機していれば確実にお客様をお乗せできますが、待ち時間ばかりが長くなり業績は上がりません。戦略と無縁なまま、簡単で苦労のない方法を選んでしまうため、せっかく街中で待っていてくださる乗客の存在に気づけず、新たな営業エリアの開拓もできにくくなります。休憩も自分のことだけを考えて無計画に取ってしまう傾向があり、こうなると稼げないサイクルが出来上がってしまうのです。

タクシーで稼ぐには会社選びも重要!

タクシーで稼ぐためには、ドライバー本人の心構えや努力は必要不可欠ですが、それと同じくらい大事なのが入社するタクシー会社選びです。ここでは、タクシー業界に転職して収入を増やしたいという方に向け、稼げるタクシー会社選びのコツをご紹介します!

未経験者なら実績ある大手タクシー会社を選ぶ

タクシードライバーは、未経験者でも真面目に仕事を覚えれば一人前に稼げるようになります。ただし、入った会社のブランド力・実績・規模なども収入に大きく影響することを知っておきましょう。なぜなら、大手の有名タクシー会社は、専門の待機レーンや豊富な優良顧客を持つなど、独自の稼げるノウハウを備えているからです。苦労を最小限に抑えて稼ぎを増やしたいなら、こうした母体の実力を借りる必要があります。特にタクシー業界未経験の方が早く稼げるようになるためには、大手タクシー会社転職は効果的です!

自分自身の希望条件に合う会社を選ぶ

優良な大手タクシー会社と言っても、サービス面でも雇用面でもそれぞれに特色があります。気になる会社があったら、ご自身が希望する働き方・収入・福利厚生などの条件提示をしているかどうかを、あらかじめチェックしておきましょう。どんなに良い条件でも、自分が希望する労働環境下で働けなければ快適に仕事することができません。重要なのは、自分が希望する条件に合うタクシー会社を選ぶことなのです。

実際の会社選びは簡単じゃない!

タクシー会社の求人サイトは一見充実していますし、タクシーに特化した転職サイトなどもあれこれ見受けられますが、サイトに箇条書きで示された条件だけではわからない、実際のその会社の雰囲気というものがあります。タクシー会社の個性を業界外の方がありのまま理解するのは簡単なことではありません。会社選びの失敗が、転職失敗に直結してしまいます。

そこでおすすめなのが、お一人ずつの転職ニーズに寄り添い、それぞれに最適なタクシー会社をご紹介するプロのコンサルタントです。弊社「プロタク」は、タクシー業界に太いパイプを持ち、転職希望者様本位の会社紹介とともに、タクシーで稼ぐノウハウのレクチャーまで行っています。タクシードライバーに転職して快適な労働環境の下でしっかり稼ぎたい方は、ぜひ一度プロタクまでお問い合わせください!

【まとめ】転職するなら稼げるタクシー運転手を目指そう!

タクシードライバーの年収は本人の努力以外にも働く環境選びが重要です。よく稼ぐ人であれば年収500万~600万円も珍しくないタクシー業界ですが、それが全国どこの営業エリアやタクシー会社でも可能かと言えばそうとは言えません。タクシー会社への転職成功の秘訣は、自分が快適に仕事に励むことができる会社選びと言い換えても過言ではないのです。これからタクシー運転手に転職したいとお考えの方は、ぜひ会社選びを大切にして、しっかり稼げるドライバーを目指してくださいね!

この記事のまとめ

☑︎タクシードライバーの全国平均年収は300万円程度だが上は800万円から下は200万円まで幅広い
☑︎稼げるドライバーは効率良く稼げるノウハウを身につけており稼げないドライバーは戦略的でない
☑︎稼げる仕組みのある大手タクシー会社に転職するのがタクシーで稼ぐためのコツ!
転職相談の方はこちらをチェック