こんな高齢者はタクシー運転手向き!シニア層に転職おすすめする理由とは?

40代~50代の方が第二の人生を考える場合、転職先としてタクシー運転手を検討することは可能でしょうか。ドライバーとして働くのに、年齢がどの程度のハードルになるのか気になっている方は少なくないでしょう。そこで今回は高齢者の方の中でも、タクシー運転手に向いているのはどんなタイプの人なのかを解説します。高齢タクシードライバーの現状や高齢者が働きやすい良いタクシー会社の選び方のポイントもご紹介しますので、シニアになっても好きな運転の仕事でバリバリ稼ぎたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

☑︎高齢タクシードライバーは全国にどのくらいいる?
☑︎タクシー運転手に向いている高齢者の特徴
☑︎高齢者がタクシー業界で働きやすい理由とは?
☑︎高齢者が転職する際のタクシー会社選びのポイント

高齢タクシードライバーは全国にどのくらいいる?

タクシードライバーは若い人が少ないという印象をお持ちの方は多いですよね。実はお察しのように、タクシーの乗務員にはシニア層の割合が高く、このため各タクシー会社は若い担い手をいかに集めるかという課題や慢性的な人手不足に悩まされています。ここでは、タクシー業界における高齢タクシードライバーの現状を解説します!

タクシー運転手の平均年齢は約60歳!

タクシー運転手の全国平均年齢は約60歳と高齢です。平成20年頃まではタクシー運転手の年齢別人口分布で最も層が厚かったのは50代ですが、今ではダントツで60代以上の割合が多くなっています。30代以下の若年層は非常に少なく、高齢者層が多いということ自ずと例年引退していく人数も多くなります。このような背景から、タクシー業界は慢性的な人手不足に陥っています!

タクシー業界は高齢層が働きやすい

上述したように、タクシー業界は人材不足が常態化しているため、運転経験はもちろん、人生経験や労働経験が豊富な高齢層の業界への転職を歓迎するムードが定着しています。現在活躍しているタクシードライバーはもともと転職してきた人が多く、転職者自体への偏見がないうえに業務は基本的にいつも一人で行うため、人間関係のストレスを他業種より感じにくい点もメリットと言えるでしょう。タクシー業界は年功序列とは無縁です。

乗務員として働く上での高齢者ならではの注意点

高齢者による交通事故の多発が近年問題となっています。ドライバー本人は「自分は絶対に大丈夫」だと思っても、年を重ねれば誰しもが運動神経や反射神経に衰えを来たすものです。高齢ドライバーは身体的な機能のチェックをこまめに行うことが必須であり、健康診断も欠かさないようにしましょう。少しでも不安がある場合は、ハンドルを握らない決断をすることも大事です。

タクシー運転手に向いている高齢者の特徴

タクシー運転手に向いている高齢者には共通する特徴があります。ここではどんな高齢者の方がタクシードライバーに相応しいのかをご紹介します。ご自身の現状やご性格と比較しながらお読みくださいね。

運転経験が豊富

タクシー運転手の仕事は言うまでもなく運転がメインです。たとえ職業としてドライバー経験がなくても、前職の業務の中で運転をしていた方や、もともと車や運転が好きで長く運転を続けてきた方などはかなりタクシードライバー向きと言えます。また、地図を見ることや抜け道開拓などが好きな方も趣味をタクシーの仕事に活かせます!

心身ともに健康

高齢者ドライバーの交通事故が多発している現状において、シニアドライバーを不安視する風潮も強まっています。しかし、タクシー運転手はそもそも高年層の方が多いイメージが定着していることも確かであり、高年の乗務員に対し経験豊富そうだという理由から安心感を覚える乗客もいます。重要なのは心身が健康であることです。どこかに健康不安のある方にはタクシーの仕事はおすすめできません。

人と接するのが好き

タクシー業務の大事な要素の一つが接客です。高齢層のタクシー運転手が気難しい雰囲気や高圧的な
態度を見せると顧客からの苦情につながりやすいため、感じ良く他者と接することができる人の方が乗務員に向いています。ただしお客様とお喋りし過ぎることもクレームのリスクがあるので、会話を楽しむのもほどほどにしましょう。

高齢者がタクシー業界で働きやすい理由とは?

比較的高年にさしかかった方がたくさんタクシー業界に転職し成功しているのはなぜなのでしょうか?ここでは、中高年者がタクシー運転手として活躍しやすい理由について紹介します。40代や50代からタクシー運転手に転職しても大丈夫なのだろうかとお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね!

体力に合わせた仕事の仕方ができる

タクシー運転手には昼間の勤務である昼日勤、夕方から深夜に乗務する夜日勤、1日おきに休憩を挟みながら20時間ほど勤務する隔日勤務などさまざまな働き方がありますが、高齢のドライバーの中には、自身の体力に合わせて会社と相談しながら勤務時間を調整している人や、年金受給額に変動がないよう収入を調整しながら働いている人もいます。乗務員が望む働き方を提供してくれるタクシー会社に入社すれば、いろいろな意味で無理せずマイペースに稼ぐことができるのです。

長い運転経験を活かせる

高年になってからタクシー運転手に転職しようという方の中には、私生活で長年運転してきた方も少なくありません。たとえドライバー業については未経験であっても、二種免許を所有していなくても、こうした運転経験を直接的に業務に活かすことができるのはタクシーの仕事ならではです。また、運転経験だけでなく、経営・営業職・接客業のスキルもかなり役立ちます。さらに他のどんな職業や経験であっても、幅広いお客様に対応するタクシードライバーの業務にとって無駄になるものはありません!

学歴や職歴があまり関係ない

学歴や職歴に関わらず活躍できるのがタクシー運転手の利点です。前職が何であってもその経験を役立てることができるからこそどんな経歴の方にも挑戦することができますし、タクシードライバーとしての有能さに学歴は全く関係ありません。タクシーの需要が発生する時間と場所を覚えて、いかに効率良くお客様をお乗せするか、その分析力や行動力が重要となる実力主義社会なので、年齢や経歴にかかわらず、やる気のある方が伸びていきます。

高齢者が転職する際のタクシー会社選びのポイント

高齢になってからタクシー業界へ転職する際には、採用試験を受ける会社選びで注意していただきたい点があります。ここでは転職を希望する高齢者がタクシー会社選びで成功するためのポイントをご紹介します。タクシー会社ならどこも同じだと勘違いされている方は、ぜひ参考にしてください!

実際に高齢層が活躍している会社を選ぶ

タクシー会社以外でも、近頃の求人情報掲載では年齢を限定できないため、多くの募集要項で高齢者も歓迎されているような表記を見かけます。ですが、実際に入社してみると、高齢者ドライバーの比率が少なく肩身が狭いというケースもあり得ます。タクシー専用の求人サイトなどでパッと条件を見ただけで転職先を決めることだけはやめましょう!慎重な検討が必要です。

高齢者に優しい働き方をさせてくれる会社を選ぶ

勤務形態や休日の取り方、収入の調整など、高齢者ドライバーが会社側に相談したい話題に対し真摯に応じてくれる会社を選ぶようにしましょう。ゆったりできる休憩室を備えているなど、福利厚生面が充実している会社もおすすめです。最適なのは人材豊富で多様な働き方をさせてくれる大手タクシー会社ですが、大手の中にもいろいろな会社があり、どの会社がご自身に合っているのかはなかなか見きわめが難しいので、会社選びで悩んだらプロの転職コンサルタントにご相談されることも大事です。弊社は優良な大手タクシー会社の特色を知り尽くした「プロタク」です。お困りの際にはぜひお気軽にお問い合わせくださいね!

定年制を確認しておく

定年制を導入しているタクシー会社も少なくありません。65歳程度を定年としている会社も存在します。しかし、タクシードライバーは正社員以外にもさまざまな働き方があり、各ドライバーの希望に応じて長く働ける方法を提示してくれる会社があるのも事実です。人生プランと照らして、まずは何歳まで現役で乗務員をやりたいのかを検討し、そのニーズに応えてくれる会社を選ぶようにしましょう。

【まとめ】注意点を踏まえれば高齢でもタクシーで稼げる

高齢者の運転による事故が社会問題化している中で、これから高齢になっていく自分がタクシードライバーに転職しても大丈夫だろうかとお悩みの方もいるかもしれません。しかし、今後は社会全体の働き手不足が深刻となり、外国人観光客の増加だけでなく若者の運転離れや少子高齢化に伴ってタクシー需要はますます増えていくことが予想されます。タクシー会社は高年層の方でも心身ともに健康であれば、重要な戦力として採用します。また、独立するための条件を満たすためには少しでも早くタクシー会社に転職することが重要です。タクシーの仕事に興味をお持ちの方は、悩む前にまず行動を開始されてみてはいかがでしょうか!

この記事のまとめ

☑︎タクシー運転手の全国平均年齢は60歳前後とすでに高齢化している!
☑︎運転経験が豊富で心身が健康なら高齢者であってもタクシー業界への転職はおすすめ
☑︎働き方に多様性があり転職者が多いタクシー業界は高齢層の転職にも向いている
☑︎高齢ドライバーは日々の健康チェックを怠らないことが重要
☑︎高齢層の乗務員が働きやすい労働環境を整備している会社を選んで入社するようにしよう!
転職相談の方はこちらをチェック