タクシードライバーの平均月収は?全国どこでも収入は同じくらい?

転職後の収入がどのくらいになるか知りたいという方は多いですよね。タクシー業界への転職に興味をお持ちの方は、ドライバーがどんな給料制の下でどのくらいの月収を貰っているのか、事前にチェックしておくと安心です。そこで今回は、タクシードライバーの月収について詳しく解説していきます。まずはタクシードライバーの給料制についてご説明してから、平均月収や営業地域による収入差などについてもお伝えしていきます。タクシーの仕事に興味があるけれど、実際どのくらい稼げるのかよくわからないという方はぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

☑︎そもそもタクシードライバーの給料制とは?
☑︎タクシードライバーの平均月収
☑︎転職時に注意!タクシー運転手平均月収の地域差

そもそもタクシードライバーの給料制とは?

ドライバーごとに売上が異なるはずのタクシードライバーですが、その給料はどのような形態で支払われるのでしょうか?ここでは、タクシードライバーの給料制についてわかりやすくご説明していきます!

タクシー会社はほとんど歩合制を導入

タクシードライバーの給与は主に歩合制で支給されています。歩合制とは、タクシー業務で得た売上を一定の割合で給与される仕組みです。所属するタクシー会社はドライバーと社との取り分比率である”歩合率”をあらかじめ定めているのが一般的で、この分配比に則して毎月の報酬が決定します。ただ、会社によって固定給+歩合制を採用している所と完全歩合制を採用している所があるので、タクシー業未経験で完全歩合が心配な方は注意が必要です。

タクシー以外のドライバー業と比べて給与水準は高い?

ドライバー業はタクシー以外にもいろいろありますよね。運転を仕事にしたい!という方は、どのドライバー業を転職先にするのか迷われることでしょう。当サイト調べでは、トラックドライバー・軽貨物配送ドライバー(大手配送会社)はともに新入社員で20万円前後の月収が平均的であり、中堅になってくると月収30万円前後が標準的とされています。タクシードライバーの月収水準については後述します!

歩合制給料のメリット・デメリットとは?

歩合制給料は、頑張って売り上げた金額に比例して収入も増えるのでモチベーションも上がりやすく、納得感もあります。頑張った分だけ自分の報酬にそのまま反映される点が最大のメリットと言えるでしょう。一方、経験の少ないドライバーなどが売上の少ない新人時代に取り分が減ってしまうのがデメリットです。先述したように、未経験ドライバーで収入が不安だという方は、完全歩合制ではないタクシー会社に転職するなどの工夫が必要となります。しかし、大手タクシー会社では新人期間(半年~1年)の最低給与保証としてなかなかの高額給与を提示している場合も少なくないので要チェックです。

タクシードライバーの平均月収

タクシードライバーの給料は独特で、それぞれのドライバーの営業努力や能力によって報酬に差が出る歩合制です。それでは実際に現役乗務員はどのくらいの月収を稼いでいるのでしょうか?ここではタクシードライバーの近年の平均月収値をご紹介します。

タクシー運転手全国平均月収

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の報告によりますと、タクシー運転手の全国平均月収は約26万円(平成29年)です。全産業を対象とした調査よりも低い水準とはなっているものの、タクシー業は他のドライバー業に比べて能力や労働条件による収入差が大きい職業であることは知っておきましょう。

平均月収を見る際の注意点

タクシードライバーの平均月収は額面通りに見ると現実と少しズレが生じることもあります。というのも、タクシードライバーは働き方にバリエーションがあり、最大限働いて稼ぐ人もいれば、日勤だけで働く人、アルバイトや副業として働く人、年金受給額の関係上収入を調整している人など、収入には人によってかなりばらつきがあるためです。また、法人タクシーと個人タクシーでは収入に差がありますし、所属する会社の歩合率等によっても収入は変わってきます。算出された平均月収はあくまで、それらを含めた全体平均です。

平均年収は約330万円

タクシードライバーの収入を年収に置き換えて見てみると約330万円ほどとされています。一見「思っていたほど多くないな」と感じる方もおられるかもしれませんが、先ほどお伝えしたように、年収もドライバーによってかなり開きがあります。また、タクシー運転手の収入の多い少ないは、単純に働き方や能力差だけでなく乗務するエリアによって大きく異なるものです。これについては次に詳しくご説明します!

転職時に注意!タクシー運転手平均月収の地域差

タクシードライバーの収入は働く地域や所属する会社によってかなり違うということを先述しました。ここではタクシー運転手の営業エリアによる月収差や所属するタクシー会社による収入差について解説していきます!

東京のタクシー平均月収は高水準

東京のタクシードライバーの収入は常に全国トップクラス。平均月収は35万円程度なので、全国平均より10万円近くも多い計算となります。東京のタクシードライバーの月収が高水準である理由としては、日本最大の人口密集地であるためタクシー需要がとにかく多い点、老舗で大手のタクシー会社が多く労働条件が良い点などが挙げられます。東京の大手会社に所属するドライバーの中には年収換算で600~800万円以上稼ぐ凄腕乗務員も珍しくありません!

地域による月収差の実態とは?

同じタクシードライバーでも、稼げる地域とそうでもない地域が出てくるのは仕方がないことです。物価の違いもあるので単純に月収だけで生活水準などを比較することはできませんが、全国トップである東京のタクシードライバー平均月収が約35万円であるのに対し、全国でも最下位レベルの都道府県では月収平均が20万円を切るエリアも見受けられます。つまり、全国トップレベルの東京と最下位レベルの都道府県では月収で15万円、年間180万円もの差があるということになるのです!

入社するタクシー会社によっても稼ぎは変わる!

記事の前半でご説明したように、タクシードライバーの給料は歩合制で支払われます。会社ごとに分配比、いわゆる歩合率が異なるため、その率によっては同じ売上を出しているドライバーでも手元に貰える給与は変わってきます。例えば歩合率が50%の会社であれば月間70万円を売り上げたドライバーの取り分は35万円ですが、60%の会社に所属していればドライバーの取り分は42万円となります。

タクシーで稼ぎたいなら都心部を狙おう!

タクシードライバーに転職したい理由は人それぞれです。自由な働き方や副業を大きな目的とする方は別として、少しでも多くの収入が欲しいという方にとっては高月収を稼げる地域を選んで転職することが重要となります。タクシー業では地域による収入差がどうしても出てしまうので、とにかく稼ぎたい!という方は、ぜひ都心部で転職されることを検討してみてください。

都会のタクシー会社は社宅や独身寮を完備しているケースも多く、上手に会社を選べば費用も手間も最小限で転職のための移住をすることが可能です。どの会社を選べば良いかわからない場合には、タクシー会社への転職に特化したプロのコンサルタントであるプロタクまでどうぞお気軽にご相談くださいね!

【まとめ】タクシー運転の手月収は地域格差が否めない!

今回はタクシー運転手の平均月収や地域ごとの月収格差について解説してきました。同じタクシードライバーとはいえ、人口密集度やタクシー会社・台数・需要の数などには歴然とした差があり、需要が多ければ多いほどサービスをする側の稼ぎが増えるのは自然なことと言えるでしょう。タクシー業界への転職目的が収入増だという方は、東京など都市部の大手タクシー会社を狙って挑戦されることをおすすめします!

この記事のまとめ

☑︎タクシードライバーの全国平均月収は26万円と他ドライバー業よりも高い
☑︎タクシードライバーの月収には地域格差があり東京は月収平均35万円で全国トップ
☑︎タクシーで稼ぐなら地域間の収入差や会社ごとの歩合率の違いなどに気をつけて転職先を選ぶ
転職相談の方はこちらをチェック