タクシー運転手に向く女性の特徴は?女性が乗務員になるメリットも解説

近頃女性タクシードライバーが増えてきたなと感じる方は多いのではないでしょうか?それはきっと、タクシー運転手になって稼いでみたいという考えの女性が増えている証拠ですよね!実は現在多くのタクシー会社が女性ドライバーの求人に力を入れていることをご存知でしょうか。というわけで今回は、タクシー運転手に向いている女性の特徴を中心に解説していきます。まずはタクシー業界における女性の労働環境の現状をご説明するとともに、女性が乗務員になるメリットもご紹介します。運転が好きでタクシーの仕事に興味がある女性の方は、ぜひ参考にしてくださいね!

女性タクシードライバーの現状と労働環境

昨今のタクシー業界で、女性ドライバーがどのくらい活躍しているかご存知ですか?また、まだまだ男性の職業というイメージが強いタクシーの現場で、女性は働きにくくはないのでしょうか。ここでは、タクシー業界における女性ドライバーの現在についてわかりやすく解説します!

女性タクシードライバーはどのくらいいる?

女性ドライバーは平成に入ってから右肩上がりで増え続け、例年8000人前後の水準を保ちながら平成30年には9000人を突破しました。それでもタクシー運転手の総人数から見れば、その割合はわずか3%です。最近になって、女性ドライバーを積極採用したり女性が働きやすい環境整備に力を入れ出したりしているタクシー会社が増えたのは、国土交通省が「女性ドライバー応援企業認定制度」を導入した背景があります。今やこうした動きはタクシー業界の慢性的な人手不足解消と女性の社会進出を同時に推し進めるための原動力となっています。

男女の体格・体力差関係なく働ける

タクシーの仕事はもちろん楽ではありませんが、基本的には運転席に座って運転するのが業務なので、男女の体格差や体力差で有利・不利が生じにくいのが特徴です。力仕事や男性ではないと難しい業務もないため、ご本人のやる気・努力・ある程度の適性があれば問題なく働くことができます。

男女問わず職歴や学歴は無関係

タクシー業界は安全で確かな運転技術とお客様に安心してお乗りいただける接客術があれば、それまでの経歴や学歴は無関係の実力社会です。転職する際にご自身の職歴や学歴に対して会社側にどんな印象を持たれるか不安だという方もおられるかもしれませんが、多くのタクシー会社はその点を重視して採用することはまずないでしょう。

男女で待遇差なし

タクシー業界では、乗務員の勤務形態や実力差で収入に違いが出ることはもちろんあるものの、基本的な待遇においては男女差がありません。同じ業務を同じようにこなすので当然ですが、女性だからという理由で引け目を感じる必要は一切ないフェアな職場です!

タクシー運転手に向いているのはこんな女性!

タクシー運転手をやってみたいけど、自分にできるのだろうか…。そんな迷いを持っている女性は意外と多いのではないでしょうか?ここでは、タクシー運転手に向いている女性の特徴を挙げていきます。どれか一つでもあてはまれば、思い切ってタクシー業界に飛び込めるかもしれません!

運転が好き

タクシー運転手が最も長い時間を過ごすのが運転席です。勤務時間の大半を運転しながら過ごすため、運転が嫌いな方にはなかなか乗務員は務まりません。その代わり、日頃からドライブするのが好きな方や長時間の運転が苦にならない方などは、運転業経験がなくても十分にタクシー運転手としての素質があります。過去に事故や違反歴が限りなくゼロに近い方ならなおさら適性が高まります。

人と接するのが好き

タクシー運転手の重要な業務の一つが接客です。お客様が快適に移動できるかどうかは、渋滞がないなどの外的要因以外には、ドライバーの運転と接客にかかっています。接客で不愉快な思いをさせてしまうと苦情につながりかねませんし、苦情になれば結果的にドライバー本人も自信をなくしてやる気が下がり悪循環を生んでしまうのです。接客業経験がある方はもちろん、他者に対して感じ良く接したり世間話に上手につき合ったりすることができる方はタクシー運転手に向いていると言えます。

気遣いができる

普段から「気配り上手だね」などと言われるようなタイプの方はタクシー運転手に適性があるでしょう。細やかな心遣いはお客様の快適性と顧客満足度を高めます。お客様が何を望んでいるのか察する力のある人は、高い確率で乗客から支持されるドライバーになることができます。

女性がタクシードライバーになるメリットとは?

女性タクシードライバーが増加傾向にあるとはいえ、男性に比べるとまだまだ少ないことは確かです。このような現状にあって、女性ドライバーの強みとは何でしょうか?ここでは女性がタクシー運転手になることで得られるメリットをご紹介します!

女性が作り出す柔らかな雰囲気が喜ばれる

雇用面や業務の上では男女差がないといっても、実際に男性が放つ雰囲気と女性が放つ雰囲気が異なるのは仕方がないことです。女性ドライバーが醸し出す柔らかな癒しの雰囲気はお客様の緊張感を緩和し、より寛ぎを感じていただける傾向があります。

育児・介護経験も役立つ

近年のタクシー業界は少子高齢化の影響を受け、従来はあまり重視してこなかったサービスに注力しています。例えばお子様の習い事の送迎を行ったり、高齢のお客様の通院や外出のお伴をしたりといったものです。このようなサービスを行う際、主婦ドライバーの育児や介護経験は非常に役立ちます。子供や高齢者と接することに慣れている乗務員が接客に当たれば、お客様は安心してサービスを受けることができるでしょう。

女性客からの需要も多い

タクシーの女性客の中には、同じ女性ドライバーに担当してほしいというニーズもあります。たとえ乗務員とはいえ異性と2人きりで車に乗ることに抵抗感がある方は潜在的に多いでしょう。また、妊娠中のお客様の通院や入院時の送迎などには女性ドライバーの方が嬉しいというお声も見受けられます。

女性の労働環境に配慮しているタクシー会社を選ぼう!

女性タクシードライバーの場を和ませてくれるような柔らかい雰囲気に対しては顧客から一定以上の需要があるため、稼げるチャンスが多いことはおわかりいただけたでしょうか。ただし、女性がタクシー業界で快適に稼ぐには、表面的にではなく本当に女性に活躍してほしいと考え、何か実際にアクションを起こしている会社を見きわめて入社することが必要です。

例えば女性専用の休憩室やシャワー室などが完備されているか、育児や介護を現役でされている方は昼日勤だけで働けるかどうかなど、無理なく楽しく働ける環境作りができているタクシー会社の採用試験を受けましょう。もしどのタクシー会社が良い会社かわからない場合は、プロの転職コンサルタントに相談されるのも一案です。

私どもは、タクシー業界のことなら何でもわかる「プロタク」です。主要な優良タクシー会社の裏事情にまで精通しているので、タクシー業界への転職・就職を希望される女性お一人ずつに最適な会社をご紹介します。タクシー運転手への転職が成功するか失敗するかは入社する会社選びにかかっているので、どの会社が良いのかお悩みになった場合は、迷わずプロタクまでお問い合わせくださいね!

【まとめ】待遇に性差ないタクシーは女性の転職におすすめ!

今回は、タクシー運転手に向いている女性にはどんな特徴があるのかを解説してきました。女性は優しい雰囲気と物腰のやわらかさで幅広いお客様層から根強い支持があります。顧客に気に入っていただければ商機が増え、収入を上げることも可能です。運転や接客が好きな方で職場の人間関係に煩わされずに仕事を頑張りたいという女性は、ぜひマイペースで稼げるタクシー業界に飛び込んでみられてはいかがでしょうか!

この記事のまとめ

☑︎女性タクシー運転手の人数は全体の3%程度だが国の推進もあり今後も増加する見込み
☑︎タクシー業界は男女に待遇差がなく対等に働ける環境がある
☑︎運転・接客が好きな人、主婦業・育児・介護経験者などはタクシー業に向いている
☑︎本当に女性採用に注力している優良会社かどうかを見きわめて入社することが転職成功のコツ
転職相談の方はこちらをチェック