タクシー運転手は副業でもできる?ダブルワークする際の注意点解説!

タクシー運転手を副業で行うことができれば、空いた時間を有効に使えそうだとお思いの方は意外と多いかもしれませんね。結論から言えば、タクシー運転手を副業とすることはできます。ダブルワークもかなり浸透してきた昨今、資格を取ることができるタクシー運転手の仕事はワンランク上の副業と言ってもいいでしょう。今回は、副業としてのタクシー運転手とはどのようなものなのかをわかりやすく解説します。タクシー運転手を副業とする場合の注意点もご紹介しますので、ダブルワークを検討している方はぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

☑︎タクシーを副業にしている人はどんな人?
☑︎タクシー副業は在宅ワークと好相性!その理由とは?
☑︎タクシー業を副業としたい場合の注意点とは?
☑︎どのタクシー会社が副業OKがわからない場合

タクシーを副業にしている人はどんな人?

タクシー運転手を副業にすることは可能です。仮に入社したタクシー会社が規則で副業を禁じていればできませんが、パートやアルバイトも働き方のひとつとして認めている会社もあるタクシー業界では、実際に副業としてドライバーをやっている人も珍しくはありません。ここでは、タクシー運転手を副業にしているのはどんな人が多いかをご紹介します!

他に夢や目的がある人

将来の夢や目標に向かって勉強や活動をしている人が、働き方に多様性があるタクシー運転手を副業に選ぶことは少なくありません。そもそもタクシー業界では転職を経てドライバーになった人が非常に多く、他業界から転身してきた人や副業をしている人に対して偏見も少なく寛容です。専門学校に通っている人や劇団員など、昼間の時間を活動にあてて夜勤で稼ぐ人もいます。

不足収入を補いたい人

働いてはいるものの、もっと収入を足す必要のある方などが隙間時間を使ってタクシー会社で働くこともあります。働き方が選べるタクシー会社もあるので、自分の都合に合わせて時間を無駄にしないよう上手に調整しながら目標とする収入を達成できるように乗務します。

勤務時間が特殊な人

早朝や深夜など、一般的とは言い難い時間帯に仕事をしている人が、空いた時間を利用してタクシー業務を行う場合もあります。タクシーの仕事も昼日勤を覗けば働く時間帯は特殊なので、もともと偏った時間帯に働いている方には調整しやすいという現状もありでしょう。また、近頃増加傾向にある在宅ワークなど、時間に制約のない人がタクシー運転手を副業とするケースも徐々に増加しています。

タクシー副業は在宅ワークと好相性!その理由とは?

先章の最後にお伝えしたように、最近では在宅ワークを行っている人が副業としてタクシードライバーを選ぶケースが増えています。ここでは、なぜ在宅ワークに従事する人がタクシー運転手を副業とするのか、その理由を3つご紹介します。

理由①時間の融通が利く!

タクシー運転手の働き方にはいろいろなパターンがあります。主には朝から夕方まで働く昼日勤、夕方から深夜まで働く夜日勤、一日おきに長時間勤務する隔日勤務という3種類の勤務形態がありますが、中にはパートやアルバイトという形で短時間労働を認めている会社もあります。在宅ワークを行っている人は、自分の裁量で作業時間を決められる場合が多いので、働き方に融通性があるタクシー運転手の仕事なら無理なくこなすことができるのです。

理由②ブログネタには事欠かない!

現役タクシードライバーのブログを見かけたことのある人は多いのではないでしょうか?いわゆるブロガーの中には、仕事上における自身の経験をブログにアップしていき、広告収入などを得ている人もいます。多くの読者を得るために、こまめに有益な情報を更新していかなければならないブロガーにとって最も大変なのが記事のネタ探しですが、毎日業務の中でさまざまな出来事が起こるタクシー業務はネタの宝庫です。単純にタクシードライバーの仕事のノウハウに留まらず、地理知識を活かした情報系やグルメ系のネタも活用できます。

理由③資格職業なので万一の時も潰しが効く!

ブログにしてもクラウドソーシングなどから得ている事務作業などにしても、安定した仕事ではないので、いつ何時収入が途絶えるかはわかりません。そんな時でもタクシー運転手なら資格を持った特別な職業なので食べていくのに困ることがないのです。手堅く稼げるタクシー運転手は、収入も作業時間も不安定な在宅ワーカーにはたいへん相性が良い職業と言えるでしょう。

タクシー業を副業としたい場合の注意点とは?

タクシー運転手を副業とすることは可能ですが、実行する際には十分気をつけていただきたいポイントがあります。ここでは副業でタクシー運転手をしたいとお考えの方が知っておくべき注意点を3つご紹介します!

副業を許可しているタクシー会社を選ぶ

所属するタクシー会社が副業を禁じていれば副業をすることはできません。タクシー会社以外の会社等に所属している場合には、そちら側で副業を禁じている可能性もあり、もし禁止されていればもちろんタクシー運転手を副業にすることは不可能となります。黙っていればわからないという軽い気持ちで副業を続けていると、もしも会社に知られた特にペナルティが課されることもあるでしょう。

就業規則をしっかり確認!

タクシー会社はもちろん、タクシー会社ではない方の勤め先・職場・団体などで副業や業務を禁じている場合にもタクシー運転手として働くことはできないので、まずは関係各所の就業規則やルールを確認することが重要です。就業規則を守って働くというのはタクシー会社に限らず社会人の常識です。

自己管理を忘れない

副業ドライバーにありがちなのが、頑張り過ぎて体を壊してしまうことです。十分な休息を取れるようなスケジュール管理を行う必要があります。なるべくストレスを溜めないよう、仕事で困ったことがあれば会社や上司に相談するなど、体だけでなく心のケアにも心配りするようにしましょう!

どのタクシー会社が副業OKがわからない場合

気になるタクシー会社が見つかったとして、その会社が副業しても良い会社なのかどうか、またはルール上はOKでも実際には副業がやりにくい雰囲気が社内にないのかどうかなど、実情について外側から知ることはなかなか難しいものです。タクシーの仕事を副業として快適に行えるかどうかは、副業しやすい会社に入るかどうかに深く関わっています。

もし採用試験を受けるべきタクシー会社の選び方がわからなければ、業界に詳しい人に相談するのが近道です。私ども「プロタク」はタクシー会社に特化したプロの就職・転職コンサルタントで、タクシードライバーとして稼ぎたいという方お一人ずつの希望条件に合う優良な会社をご紹介しています。会社紹介だけでなく、業務上のノウハウや業界の裏話などのためになる情報も提供していますので、会社選びで成功したい方は、ぜひお気軽にプロタクへご相談ください!

【まとめ】ルールを守ればタクシー運転手は副業にもオススメ

タクシー運転手を副業としてやっていくことは可能です。所属会社や勤め先・団体などで副業禁止のルールがないことを確認することは必須条件ですが、副業が許可されていれば堂々とダブルワークをすることができるので、まずはその点をしっかりと確認することが重要です。実際に副業を始めたら、心身に負担をかけ過ぎないよう、無理のないスケジュール管理をしていきましょう。体を壊してしまったら元も子もありません!また、副業しやすい環境のあるタクシー会社を選んで入ることも大事です。どのタクシー会社が副業に寛容なのかわからない場合には、タクシー業界に精通した「プロタク」までぜひお問い合わせくださいね。

この記事のまとめ

☑︎就業規則に抵触していなければタクシー運転手を副業とすることは可能
☑︎働き方に自由度があるタクシーの仕事は意外と副業向き
☑︎自分のペースで作業できる在宅ワークとタクシードライバーのダブルワークは好相性!
☑︎タクシー運転手を副業にする場合は心身の管理とスケジュール調整をしっかり行う!
転職相談の方はこちらをチェック