タクシー運転手は月収50万円稼げる?高収入を実現する2つの方法とは?

せっかくタクシードライバーに転職するなら50万円くらいは月収を稼ぎたいけれど実際に可能なのだろうか。そんな疑問をお持ちの方は意外と多いのではないでしょうか?そこで今回は、タクシー業界への転職話でなぜかよく語られがちな月収50万円の壁について解説していきます。タクシーで月収50万円稼ぐには月にどのくらい売り上げれば良いのかなど具体的な数値を例に挙げてわかりやすくご説明するとともに、タクシーで高収入を実現するために有効な方法もご紹介します。絶対に50万以上稼げるタクシー運転手になりたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

☑︎タクシーで月収50万円稼ぐのに必要な売上とは?
☑︎タクシーで月収50万円稼ぐ方法2つ
☑︎現役高収入ドライバーに聞く!月収50万稼ぐための鉄則

タクシーで月収50万円稼ぐのに必要な売上とは?

タクシードライバーが月に50万円の収入を得るには、どのくらいの売上を出せば良いのでしょうか?ここでは、タクシー運転手の平均的な月収をご紹介した上で、月収50万円を達成するために必要な売上について解説します!

タクシーの平均的な月収

タクシードライバーの全国平均月収は約26万円です。月収50万円を目指す人から見ると、この平均値は単純に目標の半分しかありません。ただし、この26万円という数字はさまざまな勤務条件下で働く全国のタクシー運転手全体の平均月収値です。アルバイトやパートとしてタクシー運転手をやっている人や年金受給者など、収入を抑えている人も含まれます。一方で月収50万円を稼いでいる人は決して珍しくなく、やり方によっては不可能な数字ではありません。

月収50万円達成するのに必要な売上は?

タクシーで月収50万円を達成するには、月間の売上目標を高く設定してそれをクリアする必要がありますが、そこでポイントになるのが”歩合率”です。仮に売上の50%を会社と分配する場合、50万円の収入を得たければ、単純計算で月間100万円を売り上げなくてはなりません。しかし、それよりも高歩合率を提示している会社に入社すると、月収50万へのハードルを下げることができます。仮に歩合率が60%程度の会社を選んだ場合には、月間84万円程度売り上げれば月収50万円に到達する計算となり効率が上がります。

[補足]そもそもタクシー運転手の給料制って?

先ほども少し述べましたが、タクシー運転手は歩合制で給与を支給されます。歩合制とは所属する会社とドライバーの間で売り上げの分配率(歩合率)に応じて報酬が給与される制度です。会社によって固定給+歩合給を採用している場合もあれば、完全歩合制を実践している場合もあるので、完全歩合でなおかつ歩合率の高い会社に入ってしっかり稼ぐやり方を選ぶこともできます。

タクシーで月収50万円稼ぐ方法2つ

タクシー運転手として月収50万円を稼ぐことは、そう簡単ではありません。しかし、月収50万円以上稼ぎ出すドライバーがたくさんいることもまた事実です。ここではタクシーで月収50万円を稼ぐ主たる方法を2つご紹介します。月に50万円稼げるドライバーとはどんな人なのか、ぜひ注目してご覧ください!

法人タクシーでトップランカーになる

ドライバーを雇用して業務運営しているタイプのタクシー会社を、一般的に法人タクシーと呼びます。タクシー業界は他の業種に比べて働き方の自由度が高く、さまざまな勤務形態を許容している会社も多いですし、そもそも営業は社外で一人で行うため、勤務を抑えたりやる気がなかったりすれば売上はなかなか伸びません。その代わり、月収50万円という目標を設定し、それに向けた戦略的営業を行い実績を積んでいけば、人も羨むトップランカーになることも可能です。しかも、キャリアが浅くても頭角を現す人はいくらでもいるので、やる気次第でトップレベルの月収を獲得することも夢ではありません!

タクシー会社勤続後に個人タクシー開業する

タクシーの営業スタイルには、先述した法人タクシーの他に個人タクシーがあります。個人タクシー開業はタクシーをはじめとする旅客運送業経験を一定期間以上積んだ人にだけ許された権利です。同一の事業所で10年以上続けてタクシードライバーとして勤務したという実績等以外にシビアな条件もあります。こうした狭き門をくぐり抜けて個人タクシーを開業すれば、会社と売上を分配する必要がないので、経費を除いた全ての売上が自分の収入になります。効率的に稼ぐという意味では、個人タクシーほど強いものはないと言えるでしょう。

現役高収入ドライバーに聞いた!月収50万稼ぐための鉄則

実際に月収50万円以上を稼いでいるタクシー運転手は、いかにして目標を達成するに至ったのでしょうか?ここでは現役高収入ドライバーに聞いた、月収50万を稼ぐために欠かせない働き方のコツをご紹介します!

稼いでいる人のノウハウを真似する!

タクシーで高収入を得ている乗務員の共通点は、ずばり「いかに効率良く稼ぐか」を常に念頭に置いていることです。効率良く稼ぐということは、総走行距離の中でお客様を乗せている距離(実車率)を高めることです。また、同じ実車率でもお客様一人当たりが使ってくださる料金が高ければさらに高効率となります。

お客様を乗せずに走っている時間が長ければ長いほど時間も経費も無駄に使っていることになってしまうのです。実車率を上げるにはまずは乗客お一人あたりの単価が低くても、なるべく多くの回数お客様をお乗せすることが大事です。稼げる人はどの時間帯にどこで何をするべきかをいつも計算しています。新人ドライバーは、その行動パターンや法則を先輩や同僚から学ぶことが重要です。

営業エリアは重要!

タクシーは営業する地域によって稼げたり稼げなかったりするの現実です。例えば人口も観光客もきわめて多い東京とタクシー利用者の少ない都道府県とを比較すれば、タクシーの需要自体が全く異なります。東京などの都市部では、やはりお客様の絶対数が多い分売上も出しやすいというのが実態なのです。タクシー会社の数や規模も違えば、提示される労働条件にも大きな差が見られます。

稼げる会社に入社するしかない!

地方よりも東京などの都会の方が稼ぎやすいと先述しましたが、同じ東京でも稼ぎやすいタクシー会社とそうでもない会社とがあります。50万円以上の高収入を稼いでいる現役ドライバーは、稼げるノウハウを持つ大手タクシー会社の看板やブランド力を上手に活用しているのが一つの特徴です。ユーザーのブランド志向は顕著であり、営業中でも大手有名タクシーだからという理由で選んでいただける場面は少なくありません。法人チケットや専用レーンといった営業努力不要な稼ぎ方があるのも大手会社ならではです!

【まとめ】タクシーで月収50万円稼ぐことはやり方次第で可能!

タクシーで月収50万円を稼ぐのは簡単ではありません。しかし、稼げる環境をしっかりと整え、やる気と向上心を持って取り組めば決して不可能ではないのです。稼ぐためのセオリーを持った会社で実際に稼いでいる先輩や同僚をお手本とすることによって、「稼げる体質」を身につけることはきっとできるでしょう。それには転職する前に、タクシー会社選びを失敗しないことがかなり重要です。弊社プロタクは、タクシー業界に太いパイプを持つ、業界を知り尽くしたプロの転職コンサルタントです。転職されたいお一人ずつの希望条件に合い、さらに優良で稼ぎやすいタクシー会社をご紹介し、業務面でも幅広くきめ細やかなサポートをしています。タクシー会社選びで悩む前に、ぜひプロタクまで一度ご相談くださいね!

この記事のまとめ

☑︎月収50万円の壁を越えるには所属タクシー会社の歩合率も重要!
☑︎法人タクシーで実績を残した後独立した個人タクシー運転手の中には月収50万越えする人も多い
☑︎月収50万円を稼げる環境のある大手タクシー会社に所属することが収入増への近道
転職相談の方はこちらをチェック