若いうちにタクシー運転手になるメリットとは?会社選びのコツを伝授!

タクシー運転手の平均年齢が約60歳という事実をご存知ですか?タクシーはシニア層の職業というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、だからこそ今若い世代の方がドライバーとなれば、存在感をアピールし、大手タクシー会社の今後を担う人材となれるチャンスなのです!というわけで今回は、若いうちにタクシー運転手になるメリットをご紹介します。タクシー運転手になるための必要条件・資格や、若い方がタクシー会社を選ぶ際に注視すべきポイントも解説します。若者こそタクシー運転手に向いているということがわかる内容となっていますのでどうぞご期待ください!

この記事を読んだらわかること

☑︎若いうちにタクシー運転手になるメリット
☑︎タクシー運転手の必要資格とは?何歳からなれる?
☑︎若い世代が所属タクシー会社を選ぶ際のポイント
☑︎タクシー会社選びは一人で悩まない!

若いうちにタクシー運転手になるメリット

社会経験・運転経験ともに浅い若い世代の方がタクシー運転手となることに、何か利点はあるのでしょうか?ここでは若いうちにタクシードライバーとなって働くメリットをご紹介します。仕事選びに迷っておられる若い方はぜひ参考にしてくださいね!

柔軟で仕事覚えが早い

タクシーの仕事は覚えることがたくさんあります。若い世代の記憶力の良さや柔軟性は、身につけることが豊富なタクシー業界では大きな強みとなるのです。タクシー運転手は幅広い世代の方に適した職業ではありますが、仕事覚えの良さでは若者にはかないません。また、若いうちに覚えたことは年を重ねてもなかなか記憶から消えないので、一生もののスキルを得ることができます。

将来の個人タクシー開業を早められる

タクシー業にはタクシー会社に所属して稼ぐいわゆる法人タクシーと、独立して個人で開業する個人タクシーの2種類があります。個人タクシーを開業するには、所定の条件をクリアしなければなりません。それは同一のタクシー会社で10年以上乗務経験があり、なおかつ一定期間無事故・無違反でなければならないといったかなり厳しい基準です(代わりとなる条件・対象者による条件の違いなどがあります)。少しでも早くタクシー会社に入社してドライバーとしてのキャリアを積んでおけば、それだけ独立のタイミングも早まり、若いうちから自分のペースで効率良く稼ぐことができるのです!

学歴・職歴に関係なく稼げる

タクシードライバーは学歴や職歴に関係なく、実力だけが物を言うフェアな業界です。見映えの良い学歴が収入に影響するようなこともありません。商社やメーカーなど他の一般的な仕事ではまだまだ学歴偏重の会社もありますが、タクシー業界は真面目に努力し稼げるノウハウを身につけていくことだけで飛躍することが可能です。

タクシー運転手の必要資格とは?何歳からなれる?

タクシー運転手を目指すのなら、まずはどんな資格や試験が必要なのかなどの必要条件を知ることから始めましょう。ここではタクシー運転手が必ず取得しておくべき資格と、場合によっては合格しておかなければならない試験についてご紹介します。乗務員となるのに年齢制限があるのかどうかもお伝えします!

タクシー運転手になるには二種免許取得が必須

タクシー運転手として働くには普通自動車二種免許を取得しておくことが絶対条件です。二種免許とはお客様をお乗せして旅客用自動車を運転する際には携帯していなければならない免許証であり、ハイヤーや代行運転業などで運転をする際にも必要となります。ただし、二種免許は誰でにも取れるわけではありません。詳しくは次にご説明します!

タクシー運転手になれるのは最短21歳

先ほどご紹介した二種免許は、自家用車などの運転に必要な普通自動車一種免許を取得し、一定以上の運転歴を経てからしか取ることができません。現在は一種免許取得から最低でも3年が経過していないと二種免許を取得できませんが、法改正に伴い2022年からは一種免許取得より1年経過していれば取れるようになります。したがって、改正前であれば、最短でタクシー運転手になれるのが21歳だったところを、改正後には20歳でドライバーデビューすることが可能です。

営業エリアによっては地理試験合格も必要

東京・大阪・神奈川の該当エリアでタクシー営業する場合には、管轄のタクシーセンターが実施している地理試験に合格していなければなりません。地理試験とは、交通やタクシー業務上の法令に関する問題と道路名やルートなど地理に関する問題の二科目制で行われ、いずれも合格基準は正解率80%以上と難易度の高い試験です。

若い世代が所属タクシー会社を選ぶ際のポイント

若い方がタクシー会社に入社しようと考えた場合には、ぜひ注目していただきたいポイントがあります。タクシーの仕事で稼げるか稼げないかは、いかに自分の希望に合う快適な環境で働くかにかかっていますので、会社選びで失敗しないよう慎重に検討しましょう。それでは、会社選びの際に注目すべきポイントをお伝えしていきます!

働き方の自由度が高いタクシー会社

若い方は、「友達や家族と過ごす時間がたくさん欲しい」「他に趣味や勉強したいことがある」などアクティブな考えをお持ちの方も多いものです。あまり自分の希望を曲げたりやりたいことを我慢しすぎると仕事を長く続けることができなくなりかねません。頑張れば頑張っただけ稼げるのがタクシー運転手の特徴ですが、理想の労働条件を満たすことも大切です。できるだけ自分自身が働きやすい勤務形態を提案しているタクシー会社を見つけるようにしましょう。

研修・教育制度が充実しているタクシー会社

若い方ではなくても、業務に関する基本を学ぶことは非常に大事ですが、比較的社会経験の少ない若いうちなので、接客の技術なども手厚く研修してくれる会社を選んだ方が実践の現場に早く慣れることができるでしょう。資格取得から地理試験対策、実際の業務のノウハウなどを細やかにレクチャーしてくれる充実した教育制度を整備したタクシー会社もあります。

福利厚生が充実しているタクシー会社

所属するタクシー会社を選ぶ時の評価基準の一つが福利厚生です。寛げる休憩室や浴室の整備は大手タクシー会社なら標準的ですが、中にはジムやカフェを備えた会社まであるので驚きます。若い方で住居費を抑えたいという方は、単身寮や社宅を完備した会社を選ぶと、生活費を軽減できるのでおすすめです!

タクシー会社選びは一人で悩まない!

タクシードライバーとしてしっかり稼げるようになるかどうか、そして生きがいを感じながら快適に仕事ができるかどうかは、入社する会社選びにかかっていると言っても過言ではありません。まずは自分がどんな労働条件を望むかを整理し、それに合う会社をピックアップすることから始めましょう。

ですが気をつけたいのは、求人サイトなどに掲載されている条件だけでは知ることができない、実際の会社の雰囲気があるという点です。タクシー会社はそれぞれに個性があるため、サイトの情報を見ただけではなかなかわからない部分もあります。もし会社選びで失敗しないかどうか不安なら、タクシー業界に精通したタクシー専門の就職・転職コンサルタントに頼るのも一案です。

私ども「プロタク」は、タクシー業界に太いパイプを持つプロのコンサルタントです。タクシードライバーを目指す方一人ずつの希望をしっかりと聞き取りながら、その方に合った優良会社をご紹介するとともに、タクシー業務に関するノウハウもレクチャーします!良いタクシー会社に入って安心して働きたい方は、ぜひ一度プロタクまでお問い合わせくださいね。

【まとめ】若い世代こそタクシー運転手になればしっかり稼げる!

タクシードライバーは若いうちに始めれば、仕事覚えが良く体力もあるのでしっかり稼ぐことができます。また、早めに独立することが可能なので、後々の人生にゆとりが出ます。二種免許を取って特別なノウハウを身につければ、全国どこへ行っても稼ぐことができるのです。ただし、東京・大阪・神奈川の該当エリアでは地理試験に合格しなければ営業ができません。大都市でばりばり稼ぎたい方は、地理試験対策や費用負担をしてくれる優良なタクシー会社の採用試験を受けましょう!

この記事のまとめ

☑︎若い世代は体力もあり物覚えも良いため、覚えることの多いタクシー運転手に向いている
☑︎早いうちにタクシー会社に勤務し始めておけば独立も早められる
☑︎社会経験が少ない若者にも丁寧に教育する制度のあるタクシー会社に勤めよう!
転職相談の方はこちらをチェック