タクシー運転手に転職して後悔している人の特徴とは?理想と現実のギャップ

タクシー運転手は普通のサラリーマンとは違い、給与体系が勤務形態が少し特殊な仕事です。タクシー運転手の仕事に憧れ転職したはいいものの、中には転職を後悔している人もいます。転職を後悔する主な理由は、タクシー運転手という仕事に抱いた理想と現実のギャップです。

今回の記事ではタクシー運転手に転職をして後悔している人の特徴を具体的に解説していきます。タクシー運転手の仕事内容や、転職して後悔しないための知識も合わせて紹介しているので、タクシー運転手へ転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

☑タクシー運転手に転職して後悔している人の特徴
☑タクシー運転手の仕事内容
☑タクシー運転手に転職をして後悔しないための予備知識

タクシー運転手ってどんな仕事?

まずタクシー運転手というのはどんな仕事をするのでしょうか。ここではタクシー運転手の仕事内容を簡単に紹介します。

主な仕事はお客様の運送

タクシー運転手の最も重要な業務はお客様を目的地まで運送することです。お客様の命を預かる以上、安全に気を配りながら事故を起こさないような運転を心掛けなければいけません。決められたエリアでお客様を探し、安全に運送をするというのが一日の仕事の大半を占めます。

また、より多くのお客様を乗せるために営業方法を考えるのもタクシー運転手の仕事の一つです。ただダラダラとタクシーを走らせていただけでは売上を伸ばすことはできません。どうすれば乗車率をアップさせることができるのかを常に考えて動く必要があります。

自由度が高く自分のペースで働ける

タクシー運転手は基本的に一人で業務を行います。そのため勤務中の自由度は比較的高く、自分のペースで働くことができます。例えば休憩を取るタイミングや、どの時間にどのエリアで営業をするのかなど、自分自身でスケジュールを組んで一日の仕事をこなします。

しかし、自由度が高いとはいえ、売上の実績はしっかりと出さなければいけません。タクシー運転手は歩合制であるため、ずっと売上が少ないままでは給料も少ないままです。自分の中で一日の売上目標を定め、それを達成できるようにスケジュールを組むと良いでしょう。

タクシー運転手に転職して後悔した5つの理由

タクシー運転手は様々な魅力のある仕事ですが、転職をして後悔している人がいるのも事実です。ここではタクシー運転手に転職をして後悔している人の特徴5つを紹介します。

【その1】最初は収入が安定しない

タクシー運転手は歩合制の給与体系を採用している会社が最も多いです。売上を伸ばせばその分給料も増えていくのが魅力なのですが、裏を返せば売上の実績が出せなければ給料が増えないということになります。

そのため未経験でタクシー会社に転職をすると、慣れていないうちは思うように売上が伸びず、収入面が不安定になります。「タクシー運転手は稼げる」というイメージを持って転職した人は、実際に働いてみて給与面に不満を抱くというパターンが多いです。

未経験で転職をしたばかりで大きな売上実績を出すというのは、なかなか難しいことです。焦らずじっくりと仕事に慣れて収入を増やしていくという姿勢が大切になってきます。

【その2】生活リズムが乱れ体調を崩してしまった

タクシー運転手の勤務形態は少し特殊で、日勤や夜勤の他に隔日勤務という制度があります。隔日勤務は1日の勤務時間が20時間~22時間と長く、2日分の仕事を1日でこなします。隔日勤務の翌日は明け番として1日休みになります。

タクシー会社は隔日勤務制度を採用しているところが多く、朝から翌朝まで働くという勤務形態が合わず体調を崩してしまう人もいます。特に勤務が始まったばかりの頃は身体が慣れず、生活リズムが乱れやすくなります。

隔日勤務は1日の勤務時間が長い分、休みが多いというメリットもあります。ただしそれが合うか合わないかは人それぞれなので、合わなかったという人はタクシー運転手への転職を後悔することが多いです。

【その3】会社からのノルマが厳しい

タクシー運転手は歩合制であるため、個人の営業実績が給料に直結する仕事です。全てのタクシー会社がそうというわけではありませんが、月ごとに売上ノルマが課されることがあります。一般的なタクシー会社では、ノルマを達成した上で稼いだ金額が歩合給としてタクシー運転手に還元されるという仕組みになっています。

タクシー会社によっては厳しめの営業ノルマを課しているところもあります。そういう会社は代わりに歩合率を高めに設定しているため、売上を伸ばせる人は高い給料をもらうことができます。

しかし、逆にノルマが達成できなければ給料が減額されてしまうことがあります。そのため、ノルマのことで悩んで仕事が嫌になっていってしまうという人もいます。

【その4】接客が上手くいかない

タクシー運転手はお客様を目的地まで運ぶ仕事であるため、運送業であると同時に接客業でもあります。なので仕事にはある程度のコミュニケーション能力が必要です。コミュニケーション能力がなければ接客がなかなか上手くはいきません。

とはいえ、仕事をこなしているうちに接客能力は自然と身についてくるものです。ただし接客への苦手意識がいつまでも消えないままだと、仕事へ行くのが憂鬱になったり、必要以上に思い悩んだりしてしまいます。

また、お客様の中には気難しい人や、難癖をつけてくる人もいます。その辺りの対応が上手くできなければ、タクシー運転手への転職を後悔していまうという状態に陥ります。

【その5】トラブルに巻き込まれてしまった

タクシー運転手の仕事をしていると何かしらのトラブルに巻き込まれることがあります。深夜の繁華街で営業をしていると泥酔客に遭遇することは良くあることですし、また、悪質なクレーマーも存在します。もっと悪質なものだと無賃乗車の被害に遭うこともあります。

お客様関連のトラブルは、タクシー運転手の仕事をする上で避けては通れないものです。そのためトラブルに上手く対応できる柔軟さが必要になってきます。

他には交通事故などのトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。事故に関しては、どんな状況でどの程度の事故が起きたのかにもよりますが、それが原因でタクシー運転手の仕事が嫌になる人もいます。

タクシー運転手に転職して後悔しないために知っておくこと

タクシー運転手に転職をして後悔する理由は人によって様々です。転職した後に後悔しないためには、前もってタクシー運転手の仕事を理解しておく必要があります。

ここではタクシー運転手に転職をして後悔しないために、転職前に知っておきたいポイントを紹介していきます。

入社前に給与体系を把握しておく

タクシー運転手に限らず、仕事をする上で最も気になるのが給料についてです。給与体系は会社によって異なるため、入社前にしっかりと把握しておきましょう。

タクシー会社は歩合制の給与体系が最も多いですが、固定給のシステムを採用している会社もあります。固定給の場合、売上を伸ばしても大きく稼ぐことはできませんが、反対に売上が少なくても一定の給料をもらえるので安心できます。

歩合制の会社で働く場合には、歩合率と営業ノルマについてをしっかり確認しましょう。歩合率が低すぎたり、ノルマが厳しすぎたりする会社では、売上を伸ばしても稼ぐことができません。長く働くのなら給与体系の事前確認は重要です。

勤務形態とライフスタイルが合うかもチェック

先程も触れましたが、タクシー運転手の勤務形態は普通のサラリーマンと比べて特殊です。日勤の場合は朝から夕方までの仕事になるためサラリーマンと変わりませんが、深夜の割増料金を狙える隔日勤務の方が稼げるのは確かです。そのためタクシー運転手の大半は隔日勤務で仕事をしています。

タクシー会社に入社をする前に、出勤時間・退勤時間・休日についてはきちんと確認をするようにしましょう。そのうえで自分自身のライフスタイルと勤務形態が合っているかどうかをよく考えてみてください。

隔日勤務という特殊な勤務形態で働く自信が無ければ、日勤で働ける会社を探すのも一つの手です。働き始めてから後悔しないために、どちらの勤務形態を選ぶかしっかりと考えましょう。

コミュニケーション能力は必要不可欠

タクシー運転手は1日の中でたくさんのお客様と関わる機会があります。そのため最低限のコミュニケーション能力が必要であり、そもそも人と接すことが苦手な人には向かない仕事です。接客が得意である必要はありませんが、人と話すことが苦手な人には仕事が苦痛に感じるかもしれません。

では接客の経験がなければタクシー運転手になれないのかというと、特にそういうことはありません。接客業が未経験でもタクシー運転手の仕事をすることは十分に可能です。あくまでも大切なのはコミュニケーション能力や、人と接することが好きなのかどうかという点です。

健康管理やメンタルケアも欠かせない

タクシー運転手は身体が資本であるため、自分自身で健康管理ができない人には不向きです。生活リズムが乱れやすい仕事でもあるので、睡眠や食事をしっかり取って日々健康でいられるようにしておかなければいけません。健康管理を怠り、体調不良や寝不足のまま仕事に行くのは事故に繋がる可能性もあるので非常に危険です。

他にはメンタル面のセルフケアも重要です。ストレスが溜まっていると営業が上手くいかず、売上が伸び悩んでしまう可能性があります。プライベートでしっかりとリフレッシュできる環境を整えておきましょう。

【まとめ】転職してから後悔しないようタクシー運転手の仕事内容を知っておこう!

タクシー運転手は努力が給料にしっかり反映されたり、休日が多かったりとメリットの大きい仕事です。しかし、仕事が合わない人にとってはそれがデメリットになり得ます。タクシー運転手に転職をするのならメリットだけに目を向けるのではなく、デメリットもきちんと把握しておくことが重要です。

タクシー業界への転職は会社選びも大切です。歩合率や営業ノルマ、福利厚生、ドライバーへのサポートなどがきちんと整っているかどうかは転職活動の際にしっかり確認しましょう。ぜひ優良タクシー会社に転職して、タクシー運転手として活躍してください。

この記事のまとめ

☑タクシー運転手は歩合給なので売上が給料に直結する
☑タクシー会社は特殊な勤務形態を採用している
☑タクシー運転手には接客能力も必要
☑転職後に後悔しないために仕事内容をしっかり把握しておくことが大切
転職相談の方はこちらをチェック