60代でタクシー運転手に転職!タクシー運転手への転職がおすすめの理由

60歳で定年退職を迎えた後でも、まだ働きたいという希望があり新しい仕事を始めるために転職活動をする人は少なくありません。しかし、60歳から未経験で新しい仕事を始めるのは通常であれば厳しいものです。そこで60代の人から人気を集めているのがタクシー運転手の仕事です。

今回の記事では、なぜタクシー運転手が60代の人から人気を集めているのかを具体的に解説していきます。また、60代でタクシー運転手に転職するために必要な資格やスキル、転職の際に注意するべきポイントも合わせて紹介しています。タクシー業界へ転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

☑60代でタクシー運転手に転職をすることはできるのか
☑60代でのタクシー運転手への転職がおすすめな理由
☑60代でタクシー運転手に転職するのに必要な資格やスキル

60代でタクシー運転手への転職は可能?

それでは現実的に、未経験から60代でタクシー運転手に転職することは可能なのでしょうか?ここでは60代のタクシー運転手の転職事情について解説をしていきます。

60代からでもタクシー運転手になれる

結論から言うと60代からタクシー運転手に転職をすることは現実的に可能です。実際、60代からタクシー運転手に転職をして働いているドライバーもたくさんいます。タクシー運転手は平均年齢が60歳前後なので、60代から入社をしても周りの従業員と年齢に差がほとんどありません。そのため安心して仕事を始めることができます。

また、タクシー会社はドライバーの募集条件に年齢を不問としていることが多く、健康面に問題さえなければ採用してもらえる可能性は高いです。タクシー業界において60代はまだまだ現役で働ける年齢なので、60代だからと引け目を感じる必要はありません。

タクシー運転手は特殊なスキルよりも、社会人としての基礎的なマナーや落ち着いた対応力が重視される仕事です。そのため60代からでもタクシー運転手の仕事を始めることは十分に可能です。

定年退職した人にもおすすめ

もともと別業界の企業に勤めており、60歳で定年退職となったものの、まだ前線で仕事がしたい人にもタクシー運転手はおすすめです。タクシー会社の多くは65歳を定年としており、それ以降は嘱託社員として雇用をしているというパターンが多いです。

正規雇用ではありませんが、タクシー運転手の仕事は65歳以降でも続けることができるので、60代から入社しても数年は勤めることができます。現場仕事でバリバリ働きたい人や、生活費の足しにしたい人、パート勤務で無理のない範囲で働きたい人にも向いています。

タクシー運転手は未経験でも始めやすい

一般的には、60代という年齢で未経験の職種への転職は非常に難しいものです。年齢不問で求人が出されていても、結局は若い人材の方が優先されてしまうことが多く、就職先がなかなか見つからないという人も大勢います。

その点、タクシー運転手の仕事は年齢を問わず未経験でも始めやすいとされています。タクシー業界が全体的にドライバー不足であることや、高齢でも仕事を続けられること、ドライバーの平均年齢が高いことなどがその理由です。

また、タクシー運転手の仕事には特殊なスキルは必要ありません。運転スキルと接客スキルさえあれば未経験者でも歓迎されます。そのため、別業界からの転職でも仕事を始めやすいです。

60代からタクシー運転手に転職するのがおすすめの理由5つ

60代からの転職にタクシー運転手の仕事は非常におすすめです。ここでは60代でタクシー運転手へ転職するのがおすすめな具体的な理由を5つ解説します。

【その1】年齢不問の会社が多い

タクシー会社はドライバーの求人募集の際に「年齢不問」としていることが多く、採用の間口を広く取り、幅広い年齢で人材を探しています。60代の人でも、健康面や判断力、体力などに問題がないと判断されれば、採用の可否に年齢が影響することはほとんどありません。

60代で新しく仕事を探すとなると普通なら厳しいのですが、平均年齢の高いタクシー業界なら他の業界と比べて採用される確率がぐっと上がります。年齢に関係なく仕事を始められるのはタクシー運転手の魅力です。

【その2】年金をもらいながら働ける

満60歳からは国から年金が支給されるのですが、働いて稼ぎ過ぎると年金が減額になる可能性があります。65歳未満の人は年金額と仕事の収入の合計額が28万円以上、65歳以上の人は年金額と仕事の収入の合計額が46万円以上となった場合、超えた分が減額となる仕組みです。

そのため稼ぎ過ぎると年金額の減額によって逆に損をしてしまうのですが、タクシー運転手なら勤務日数の調整が可能なのでその点の心配がいりません。タクシー運転手はパート勤務も可能なので、勤務日数の調整に融通が利きます。

年金額を減らさない程度の勤務日数に抑えておけば、年金を満額もらいながら仕事をすることができます。

【その3】休みが多く体調管理がしやすい

タクシー会社の多くは「隔日勤務」という少し特殊な勤務形態を採用しています。隔日勤務は1日に20時間~22時間程度勤務し、翌日が明け番として休みになるという働き方です。1日おきに休みがあり、また、公休として週に一度は休みがあるので、フルで勤務したとしても1ヶ月の半分以上は休日ということになります。

もし1日に20時間以上の勤務が体力的に厳しいのであれば、日勤で昼間だけ働いたり勤務日数を減らしながら働くことも可能です。タクシー運転手の仕事は体力が必要なので、日々の体調管理が非常に大切です。フル出勤でも休日が多く、シフトの融通も利きやすいタクシー運転手の仕事なら自己管理もしやすいです。

【その4】年齢関係なく稼ぐことができる

タクシー運転手の給与体系は、基本的に固定給に加えて歩合給が支給されます。歩合率は会社によって異なるのですが、個人の売上がそのまま給料に反映される仕組みなので、年齢や経験に関係なく稼ぐことができます。

60代から転職をするとたいていは安い給料を提示されるものですが、タクシー運転手なら自分の実力だけで収入を伸ばすことができます。なので営業や接客に自信のある人には非常におすすめです。

ただし先ほども述べた通り、仕事の収入が増えすぎると年金受給額が減ってしまうため、兼ね合いを考えながら適度に稼げる程度に仕事をするのがおすすめです。

【その5】人間関係のストレスが少ない

タクシー運転手の仕事の魅力として大きい部分が自由度の高さです。勤務時間の大半は一人で仕事を回すことになるため、営業のやり方や休憩のタイミングなど、ドライバーの裁量で決めることができます。そのため上司や同僚との余計な人間関係に悩まされる心配もほとんどありません。

なので長年の会社勤めで人間関係に疲れてしまった人にもタクシー運転手の仕事はおすすめです。上司や同僚と顔を合わせるのは出勤時と退勤時のみですし、普通の会社と比べて社内の上下関係もあまりありません。煩わしい人間関係から解放され、マイペースに仕事をすることができます。

60代でタクシー運転手に転職するためには

では実際に60代でタクシー運転手に転職するために必要なものは何なのでしょうか?ここでは転職の際に必要な資格やスキル、気を付けるべきポイントなどを紹介していきます。

必要な資格やスキル

タクシー運転手に転職をするために絶対に必要な資格は「普通自動車免許」です。AT限定でも転職は可能ですが、マニュアルの免許を持っていると会社選びの幅が広がります。

他には「第二種免許」の資格も必要です。こちらは入社後に資格取得の補助をしてもらうこともできるのですが、60代の人の場合は取得済みの方が望ましいとされています。東京や大阪など一部の地位にでは入社後に「地理試験」を受け合格する必要もあります。

スキルとしてはコミュニケーション能力や営業・接客などの経験があると有利です。タクシー運転手は運転スキルに加えて接客スキルも大切です。特別なスキルが必要ない分、自分が持っているスキルをタクシー運転手の仕事にどう活かすことができるかを考えながら転職活動をしていきましょう。

年齢制限をチェックする

タクシー運転手の求人は、たいていが年齢を不問としています。ですが、稀に若い世代にだけ絞って求人を出している会社もあるので注意が必要です。なので、念のため応募する前には求人に年齢制限がないかどうかをチェックしましょう。年齢制限のある会社に応募しても書類選考で落とされてしまいますので気を付けてください。

タクシー運転手は60歳以上で仕事をしている人も多くいるため、仕事自体は年齢に関係なく始めることができます。60代でも応募できる会社は多数ありますので、落ち着いて自分の条件に見合った会社を探しましょう。

会社選びを重視する

60代からタクシー運転手として少しでも長く働くためには会社選びが重要になってきます。もし待遇の悪い会社に入社してしまい、不満が出てきて退職ということになると、また一から転職活動を始めなければいけません。60代の人にとって何度も転職活動をするのは大変な負担になりますので、そういった事態を避けるためにも転職活動は慎重に行いましょう。

転職活動に際には、応募する企業の評判や給与体系、勤務日の調整が可能かどうかなどをしっかり確認するようにしてください。仕事を早く始めたいからと焦るよりも、企業の情報をじっくりリサーチして会社選びをすることをおすすめします。自分で調べるのが難しい時は、転職エージェントなどに相談しながら転職活動を進めていくのも一つの手です。

【まとめ】60代でタクシー運転手に転職しよう!

タクシー運転手は60歳を超えてからも現役で働き続けることができる仕事です。特殊なスキルが必要ないため、未経験でも60代からタクシー運転手の仕事を始めることは十分に可能です。年齢や経験年数には関係なく、実力だけで稼ぐことができるので、タクシー運転手の仕事は60代の人に非常におすすめです。

60歳を超えてからも働き続けるのは体力的につらいものがありますが、タクシー運転手は休日が多いので健康管理がしやすく、自分のペースで仕事ができるのが魅力です。タクシー業界に興味がある人は、ぜひタクシー運転手への転職を検討してみてください。

この記事のまとめ

☑60代からでも未経験でタクシー運転手への転職は可能
☑年齢や経験年数に関係なく実力だけで収入アップが狙える
☑今までの社会人経験を仕事に活かせる
☑タクシー運転手の仕事は会社選びが重要
転職相談の方はこちらをチェック