都道府県別タクシー運転手の年収事情

近年は「働き方改革」といわれるようになりましたが、それはタクシー業界も同様です。
給料や福利厚生の内容が見直され、より働きやすくなってきている印象があります。

「実際にどのくらいの年収が稼げるのか?」ということも気になりますよね。
ただ、これについては働くエリアによって年収が変わってきます。

そこで今回は、全国のタクシー運転手の年収を都道府県別にまとめました。
地域別で、実際のタクシー運転手の収入例も掲載しています。タクシー運転手として働く場合の大まかな目安になるはずなので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

☑︎タクシー運転手の年収は平均的にどれくらいなのか
☑︎都道府県別!タクシー運転手の年収一覧表まとめ
☑︎実際のタクシー運転手の収入例
☑︎タクシー運転手という仕事がおすすめな理由

タクシー運転手の全国平均年収はどれくらい?

2019年の厚生労働省の発表によると、全国のタクシー運転手の収入の単純平均は約307万円となっています。
最も収入の多い東京では約484万円、最下位の徳島県では約205万円という結果でした。

東京都と徳島県の差は約280万円にも及びます。
なぜこんなに差が開くのかというと、そもそも人口が違うことに加え、経済活動の規模や観光地の有無によってタクシーの需要が変わるからです。

また、地方には「年金の受給額が減らないよう収入を抑えて働く高齢ドライバー」も多いです。
これによって平均収入が下がっているということも考えられるでしょう。

首都圏エリアでは、年収1000万円以上稼いでいるやり手の運転手も存在します。
働き方によって大きな収入差が出てくるのがタクシー業界というわけです。
「稼いでやる!」という意欲と体力のある方なら、努力次第で平均以上に稼げるチャンスがあるでしょう。

【最新版】タクシー運転手の都道府県別年収を紹介

ここでは2019年のタクシー運転手の都道府県別年収を一覧表で紹介します。

※厚生労働省発表の資料を元に作成しています。

都道府県別タクシー運転手の平均年収

平均年齢(歳) 平均年収(円)
北海道 60.6 2,813,800
青森 63.7 2,517,800
岩手 62.6 2,900,900
宮城 62.3 2,935,000
秋田 63.1 2,412,500
山形 59.6 2,687,700
福島 64 2,943,600
茨城 67 2,862,700
栃木 58.2 3,273,900
群馬 63.4 3,251,300
埼玉 60 3,291,200
千葉 59.8 3,894,300
東京 56.8 4,840,000
神奈川 57.4 4,142,100
新潟 64.2 2,991,700
富山 60.9 3,324,500
石川 61 3,088,500
福井 67.6 2,822,300
山梨 55.2 2,951,400
長野 62.6 3,435,400
岐阜 61.1 3,190,400
静岡 58.9 4,163,300
愛知 59.9 3,357,100
三重 58.9 3,453,300
滋賀 61.6 3,513,600
京都 59.2 3,866,900
大阪 54.9 4,126,000
兵庫 65.5 3,109,500
奈良 61.2 2,899,600
和歌山 61.1 2,603,600
鳥取 63 2,388,800
島根 66.9 2,572,800
岡山 59.4 3,453,800
広島 59.8 2,953,300
山口 62.6 2,547,500
徳島 64.7 2,053,200
香川 61.1 3,129,200
愛媛 60.7 2,803,300
高知 61.4 3,330,000
福岡 63.6 3,043,000
佐賀 62.5 2,717,800
長崎 62.5 2,663,500
熊本 61.7 3,186,600
大分 63.5 2,425,500
宮崎 64.4 2,339,100
鹿児島 61.3 2,856,300
沖縄 65.8 2,498,200

稼げる都道府県は?平均年収ランキング

順位 都道府県 平均年収(円)
1 東京 4,840,000
2 静岡 4,163,300
3 神奈川 4,142,100
4 大阪 4,126,000
5 千葉 3,894,300
6 京都 3,866,900
7 滋賀 3,513,600
8 岡山 3,453,800
9 三重 3,453,300
10 長野 3,435,400
11 愛知 3,357,100
12 高知 3,330,000
13 富山 3,324,500
14 埼玉 3,291,200
15 栃木 3,273,900
16 群馬 3,251,300
17 岐阜 3,190,400
18 熊本 3,186,600
19 香川 3,129,200
20 兵庫 3,109,500
21 石川 3,088,500
22 福岡 3,043,000
23 新潟 2,991,700
24 広島 2,953,300
25 山梨 2,951,400
26 福島 2,943,600
27 宮城 2,935,000
28 岩手 2,900,900
29 奈良 2,899,600
30 茨城 2,862,700
31 鹿児島 2,856,300
32 福井 2,822,300
33 北海道 2,813,800
34 愛媛 2,803,300
35 佐賀 2,717,800
36 山形 2,687,700
37 長崎 2,663,500
38 和歌山 2,603,600
39 島根 2,572,800
40 山口 2,547,500
41 青森 2,517,800
42 沖縄 2,498,200
43 大分 2,425,500
44 秋田 2,412,500
45 鳥取 2,388,800
46 宮崎 2,339,100
47 徳島 2,053,200

稼ぎやすいのは首都圏と観光地

都道府県別の一覧表を見ていただきましたが、やはり稼げるエリアは東京や大阪など首都圏です。
特に東京は海外からの観光客も多い上、電車移動をする人口が多いため駅からタクシーを利用する機会も増えます。

また、静岡や神奈川、京都など観光地のある地域も同様に上位となっていますね。

「タクシー運転手として稼ぎたい!」という方はこのランキングを参考に、上位の地域でタクシー会社を探してみるのも良いでしょう。

【地域別】タクシー運転手の実際の年収例を紹介!

ここでは、実際のタクシー運転手の年収例を紹介します。
年収ランキングで上位に上がった主要エリアについて主にお伝えしていくので、働くエリア変更を検討中の方もぜひ参考にしてみてください。

東京都

  • タクシー歴3年目/45歳・・・514万円(月給15万8500円+実績給×12ヶ月+賞与年2回)
  • タクシー歴6年目(未経験入社)/38歳・・・790万円(月給17.6万+歩合+各種手当+賞与2回)

神奈川県

  • タクシー歴1年目/50歳・・・410万円(月給16万5388円 + 歩合給+賞与年3回)
  • タクシー歴2年目/40歳・・・480万円(月給16万5388円 + 歩合給+賞与年3回)

千葉県

  • タクシー歴5年目 (現場リーダー)・・・500万円(月給18万円+諸手当+賞与年2回)
  • タクシー歴3年目・・・450万円 (月給18万円+諸手当+賞与年2回)

大阪府

  • タクシー歴5年目(隔日勤務)・・・572万円(月給17万円+各種手当+歩合+賞与3回)
  • タクシー歴3年目(隔日勤務)・・・545万円(月給17万円+各種手当+歩合+賞与3回)

静岡県

  • タクシー歴1年目/31歳・・・400万円(月給17~50万円+歩合+各種手当)
  • タクシー歴4年目/51歳・・・800万円(基本給18万円+歩合給+諸手当)

名古屋県

タクシー歴1年目・・・605万円(月給27万円+成果給+賞与3回)

タクシー運転手にとって「どこで働くか」は大事なポイント

都道府県別に収入例を紹介しました。
ここまで見ていくと、タクシー運転手で成功するかどうかは働く地域が重要ということがお分かりいただけるはずです。

収入やライフスタイルに大きく関ってくるため、地域選びで失敗しないようによく検討しましょう。

収入が低くてものんびり働きたいなら地方がおすすめ

稼ぎたい気持ちよりも、「自分のペースでのんびり働きたい」という方は、地方で働くのがおすすめです。
地方では流し営業のスキルがそれほど必要ありません。無線からの指示に従ってお客さんをお迎えに行ったり、駅に車を付けて利用者を待つスタイルです。

首都圏のようにたくさん稼げる可能性は少ないですが、定年後にどかな場所でゆったりと働くにはちょうど良いのではないでしょうか。

しっかり収入を得たいなら稼げるエリアに転職しよう

しかし、現在の収入に満足しておらず「もっと稼ぎたい!」と考えている方は、稼げる都道府県へ転職した方が圧倒的に効率が良いです。
さらに、都道府県の中でもエリアによって大きな収入差が出てくる場合があります。

エリアを吟味し、そこで営業できるタクシー会社に入社しましょう。

「初めての土地に転職は不安…」→社宅完備の会社なら安心!

稼げる都道府県に移って営業するといっても、知らない土地へ行くのはハードルが高いですよね。
挑戦したくても、土地勘のなさや、住む場所(家賃)の心配で、なかなか踏み出せないことがあるかと思います。

しかし、タクシー会社には福利厚生によって住宅サポートが充実しています。

  • 寮完備
  • 社宅完備
  • 家賃補助
  • 初期費用(敷金、礼金、引越し費用)補助

寮は単身用が一般的で、社宅は家族用として提供されている場合があります。
事前にどのような福利厚生が含まれているかチェックしてみてください。

住宅に関する福利厚生は下記の記事でも詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

⇨【寮完備】タクシー会社が用意している福利厚生にはどんなものがある?詳しく解説してみた【保証給】

タクシー運転手という職業がおすすめな理由

タクシーの仕事は待遇が改善されてきて、従来の悪いイメージがなくなりつつある業界です。
若い人や女性のドライバーも転職者が増えており、人気が出てきているといえるでしょう。

ここではタクシー運転手という職業がおすすめな理由をまとめて紹介します。

努力次第で誰でも稼げるチャンスがある

タクシー運転手はキャリアや学歴が関係なく、運転免許を持っていれば就職可能です。

就職してから二種免許を取得すればよく、しかも費用は会社側がサポートしてくれる場合が多いです。
免許を取った後はスキルをつけて、未経験からでもどんどん稼げるチャンスがあります。

これまで学歴などがネックとなり、低い収入で我慢していたような方にこそ一発逆転におすすめといえるでしょう。

自分の時間を確保できる

タクシー運転手には3つの勤務形態があります。

  • 日勤
  • 夜勤
  • 隔日勤務

このうち、隔日勤務は1日の労働時間が長いですが、その代わりに月の半分がお休みとなります。

一見すると「タクシーは拘束時間が長くてきつそうだな…」と思われるかもしれませんが、慣れてしまえばプライベートの時間を確保しやすいです。
趣味や家族との時間を大切にできますし、さらに稼ぐため副業に取り組む人も増えています。

人間関係のストレスから解放される

タクシー運転手は基本的に車の中で過ごします。
上司や同僚などとの人間関係に悩まされず、仕事に専念できるでしょう。

「自分のペースで働きたい」「他の人にペースを乱されたくない」という方にはとても合った職業といえます。

【まとめ】自分に合ったタクシーライフを送ろう

今回は全国のタクシー運転手の収入について詳しくお伝えしました。
47都道府県を比べてみると、地域の違いで大きく収入に影響が出ることがお分かりいただけたかと思います。

記事を参考に、ご自身の働く場所を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

「いきなり新しい土地に飛び込むのは不安」
「もっと詳しくタクシー業界について知りたい」
という方は、タクシー業界に詳しい専門のコンサルタントに相談するのが間違いないです。

納得のいくまで相談してから会社を決めて、長く続けられる理想の会社に巡り合えることを願っています。

この記事のまとめ

☑︎タクシー運転手の年収の全国平均は約307万円
☑︎稼げるのは東京や大阪など首都圏、静岡や京都など観光地
☑︎自分の理想に近い地域で働こう
☑︎転職が不安な人は専門のコンサルタントに相談するのがおすすめ
転職相談の方はこちらをチェック