収入の多いタクシー運転手は東京でどう稼いでる?都心部で稼げるスポット大紹介!

ドライバーに転職するなら、タクシー需要が豊富な東京で働きたいとお考えの方は多いようです。確かに、東京で働くタクシー運転手の平均年収は地方都市のドライバーと比べて格段に高いという現実があります。そこで今回は、収入を増やせるタクシー運転手になるために押さえておきたい、東京の稼げるスポットをご紹介します。転職先として東京を選ぶべき理由から、新宿・池袋・新橋・東京駅といった都内屈指のタクシー利用数を誇るエリアの特徴やタクシー需要の多いスポットについて解説します。絶対に東京で稼げる乗務員になりたいという方は、地方在住の方も含めてぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

・タクシーで稼ぎたいなら東京がベスト!その理由とは?
・東京で稼ぐためにタクシー運転手が攻略すべき街①新宿
・東京で稼ぐためにタクシー運転手が攻略すべき街②池袋
・東京で稼ぐためにタクシー運転手が攻略すべき街③新橋
・東京で稼ぐためにタクシー運転手が攻略すべき街④東京駅
・東京は優良タクシー会社が密集!ベストな一社を選ぶ方法とは?

タクシーで稼ぎたいなら東京がベスト!その理由とは?

タクシー運転手としてのやり甲斐は、どんな地域であろうと変わりないかもしれませんが、土地によって平均収入差があるのは事実です。最近では、ただ単にお客様の足となって目的地へお送りするだけでなく、インバウンド推進によって増加している外国人観光客へのおもてなしや、少子高齢化社会に貢献できる業務としても、タクシー運転手の役割が注目されています。このような社会の動きが最も反映されるのが、首都東京です。ここではタクシーで稼ぎたいなら東京で転職すべしと言われる理由をお伝えします。東京でタクシー運転手をすると稼げる3つの理由は以下の通りです。

・タクシー運転手の平均年収全国トップ!
・東京には優良なタクシー会社が多い
・東京で営業すればスキルが上がる

それでは詳しく見ていきましょう!

タクシー運転手の平均年収全国トップ!

タクシー運転手の全国平均年収(2019年)は約360万円ですが、東京のドライバーだけで年収平均を算出するとその値は約480万円となります。しかも、この480万円という年収値はあらゆる働き方をしているドライバーのアヴェレージです。例えば年金を受給しながらゆったり稼いでいる人や、パートタイマーとして日中だけ働く方、能力の高い低いなども含めた上での平均値です。実際のところ、東京を営業エリアとするトップクラスのタクシー運転手の中には、年収800万円を稼ぐ人も珍しくありません。大手タクシー会社である程度の実力を持ったドライバーであれば、年収500万円を下らない人はたくさんいます!

東京には優良なタクシー会社が多い

東京にはそもそも稼ぐための土壌ができあがった優良なタクシー会社が豊富にあります。例えば、大和自動車・日本交通・帝都自動車・国際タクシーは、いずれも戦後まもなく設立された由緒正しい会社で、その頭文字を取って「大日本帝国」などと呼ばれ、東京の4大タクシー会社として絶大なブランド力を誇っています。他にも準大手とされる日の丸交通・東都交通・グリーンキャブをはじめ、知名度や信頼度の高い人気のタクシー会社が多いのが特徴的です。所属する会社のブランドを活かして営業することが可能なため、こうした優秀な会社に所属したドライバーは効率的な稼ぎ方ができます。

東京で営業すればスキルが上がる

東京はもともとの人口が多いだけでなく、ビジネスパーソンや観光客など外部からの流入人口の多い街です。大規模なビルや大小さまざまな建物が密集し交通環境も複雑で、お客様のニーズは多種多様となっています。東京では単純に実践の機会が多いため、乗務員としての実力が上がりやすく、東京都心部で一人前に営業ができルようになった頃には、かなりのノウハウが身についているはずです。抜け道を使って渋滞を回避するといった裏ワザはもちろん、さまざまなタイプのお客様に触れることで臨機応変な接客ができるようになったり、戦略的な営業計画を立てる能力が育ったりと、タクシー運転手としての腕を上げるのにこれほど適した場所はありません

東京で稼ぐためにタクシー運転手が攻略すべき街①新宿

東京の中でもひと際タクシー需要が多く、営業し甲斐のある街といって真っ先に名前が上がるのが新宿です。新宿で効率良く営業ができるようになれば、東京のタクシー運転手として一人前と言っても過言ではありません。ここでは、タクシー運転手が東京で稼ぐために絶対攻略したい新宿の特徴と稼げるスポットをご紹介します!

新宿エリアの特徴とは?

新宿は日本屈指の歓楽街である東口エリアとオフィス街が広がる西口エリアに二分されます。東口エリアは全国的知名度を誇る歓楽街「歌舞伎町」が広がり、西口エリアは東京都庁をはじめ行政機関やオフィスが密集するオフィス街となっています。

新宿駅の乗り入れ路線の多さは都内トップクラスであり、JR山手線・埼京線をはじめ、東京メトロ丸の内線・東京都営地下鉄新宿線・大江戸線、京王電鉄・小田急電鉄などのターミナル駅となっています。1日359万人という記録でギネス記録を持つほど利用客数が多く終日混雑しており、タクシー需要も豊富です。

新宿でタクシー稼げるスポットとは?

都内トップの乗降者数を誇る新宿駅周辺エリアは、新人ドライバーでも稼ぎやすいスポットがいくつかあります。ここでは新宿でタクシー需要が特に多いスポットを選りすぐってご紹介します。そこで営業する際のポイントも交えて解説しますので、ぜひお役立てください!

歌舞伎町

日本随一の歓楽街である歌舞伎町は、とにかくタクシーを利用する方の多いスポットです。飲食店やキャバクラ・クラブ・風俗店などが所狭しと並び、お店のお客さんとともに、従業員の方々も通勤・帰宅にタクシーを利用されます。夜の街のイメージがあまりに強いことから、中には歌舞伎町を怖そうだと心配する新人ドライバーさんも少なくないでしょう。確かに、飲み客が中心の歌舞伎町の治安は良いとは言えませんが、最近では新宿コマ劇場の跡地にホテルが建ち、観光客が多く滞在するようになったためか、かなり雰囲気が良くなっています。夜間のタクシー需要が圧倒的に多いとは言え、ホテル建設の影響やビジネスマンの利用により「区役所通り」では日中のタクシー需要が多く見受けられます。歌舞伎町で注意したいのは、夜間の酔い客をお乗せした場合の接客です。酔っ払って態度の悪い乗客にイラっとしても、態度や言葉に出さないようにしないとトラブルに発展しかねません。酔っているお客さんに対しては、いつにも増して丁寧な接客を心がけましょう!

伊勢丹

伊勢丹は衣類やファッションアイテムの買い物の拠点として全国からお客さんが集まる百貨店です。飲食店も豊富で海外からの客も多く、単なるショッピングスポットの枠を超え、ブランド力のある観光地にもなっています。このため、タクシーも自ずと出番が多くなり、乗務員の間では稼げる定番スポットと目されています。

曜日に関係なく開店から閉店まで終日お客さんが出入りする伊勢丹ですが、注意したいのはショッピングエリアの終業後もレストラン街を利用される方からのタクシー需要が多い点です。複数ある出入り口から、こうしたニーズに対応することが求められ、特に明治通り・新宿通り沿いの出入り口近くはタクシー需要が多く発生することを覚えておくと役立ちます。伊勢丹には有力タクシー会社の一つである国際自動車専用の乗り場があるだけなので、基本は流し営業で対処します。出入り口付近では速度を落として走行し、沿道のお客さんの動きに注意しましょう!

新宿で稼ぐために知っておきたいポイント

新宿駅は大変規模の大きなターミナル駅ではありますが、各私鉄線路がいずれも西へと延びているのが特徴です。この構造に自然に沿って営業すると、どうしても西方面へ行かれるお客様をお乗せすることになります。しかし、西方面は中野や練馬といった都心のベッドタウンなので、お送りした後都心部へ戻りづらくなり営業が効率化しにくく、できれば避けたい方向です。可能な限り都心部に留まれるよう、方向をコントロールすることを心がけましょう。

東京で稼ぐためにタクシー運転手が攻略すべき街②池袋

池袋は新宿と並び、朝も昼もなく眠らない24時間遊べる街です。巨大な繁華街には常に人がごった返し、タクシー需要も発生し続けます。池袋の営業の仕方をしっかりと押さえておけば、新人乗務員さんでもまず「全く稼げない」ということはまずないでしょう。ここではタクシー運転手が東京で稼ぐために絶対攻略したい池袋の特徴と稼げるスポットをご紹介します!

池袋エリアの特徴とは?

池袋は豊島区の中心的な町で、人口が過密する東京23区の中でも最も人口の多いエリアです。池袋駅は新宿に匹敵するスケールで、JR山手線や埼京線のほか合計8路線が乗り入れています。池袋と言えば埼玉からの通勤・通学人口が多い「埼玉からの東京の玄関口」のイメージが強いですが、2008年には東京メトロ副都心線開通の影響で横浜からもアクセスしやすくなり、イメージだけでなくお客様の流れにも変化が見られます。

池袋駅は東西の両エリアに繁華街が広がっており、昼夜問わず深夜から明け方にかけてもタクシー需要がなくならないエリアです。ただし、駅の東口エリアは比較的オフィスビルが多いため、西エリアに比べて需要が切れる時間が早い傾向があります。

池袋で稼げるスポットとは?

どんなにタクシー需要が多いと言っても、稼げるスポットへ稼げる時間帯に営業に行かなければ効率的な業務はできません。ここでは、タクシー運転手が東京で稼ぐために絶対攻略したい池袋の特徴と稼げるスポットをご紹介します!

池袋東口乗り場

池袋の東口タクシー乗り場は、平日か休日かだけでなく、曜日も時間帯も関係なくタクシー需要が非常に多いスポットです。強いて挙げるとすれば、通勤の時間帯からビジネスが始動する午前中や帰宅ラッシュ時、さらに飲み会が終了する終電前後など、ビジネスや遊び等で人が動く時間帯は特にタクシーが必要とされます。一番の稼ぎ時は午前中と夕方、そして終電前後と覚えておき、タクシープールで待機するのもお勧めです。とにかく回転が早いので、概ね10分~15分ほど待つだけでお客様をお乗せすることができるでしょう。

池袋西口乗り場

東口と同じように西口乗り場もタクシー需要は高い水準で安定的と言えます。しかし、東口との違いは、終電前後の時間帯でより需要が高まる点です。これは、東口乗り場が都心方面へ行きやすい反面、西口乗り場は郊外へ向かいやすい立地となっていることが一因と考えられます。夜遅くまで飲んだり仕事をしたりした人が、帰宅の足として西口乗り場からからタクシーをご利用になるというわけです。テッパンとも言える西口乗り場ですが、入構規定には要注意!ここは優良事業者のみが入構を許可されているので、違反した場合は取り締まりの対象となってしまいます。

池袋で稼ぐために知っておきたいポイント

池袋駅東口エリアは終日タクシー需要が多く発生しますが、オフィス街の占める割合が高いため、主なニーズは終電くらいまでです。池袋を攻略することは、いかに都心部から離れないで営業を続けるかにかかってきます。週末は新宿・渋谷方面への需要が多いものの、平日の夜遅い時間は郊外へ向かうお客様も増えるので、後の営業効率を考えて、あまり西向きにならないよう計画的に立ち回りましょう。営業に慣れてきたら、新宿・八重洲・銀座方面へ入れるルートを考えながら流し営業をしていくと実車率が目覚しく向上します!

東京で稼ぐためにタクシー運転手が攻略すべき街③新橋

新橋と言えば、サラリーマンの街として全国的に知名度の高いエリアです。飲んだ帰りに新橋でインタビューを受ける会社員のイメージが定着しているためかもしれませんね。ですが、実際にはそれだけではない特徴もあります。ここではタクシー運転手が東京で稼ぐために絶対攻略したい新橋の特徴と稼げるスポットをご紹介します!

新橋エリアの特徴とは?

新橋は東京都港区の中心地の一つで「サラリーマンの街」の異名を持ちます。新橋駅はJR山手線・東海道線をはじめ計8路線も乗り入れており、通勤・通学で利用する人の多く、朝から夜まで絶えず混雑しがちです。日中も夜間もビジネスパーソンの比重が高いですが、タクシー需要については日中はビジネス利用、夜間は飲み客が多い傾向となっています。駅近くのガード下には名物とも言える飲み屋街があり、仕事帰りの会社員を中心に賑わいを見せます。

意外と知られていないのは、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がっていることや、パーティー会場等が点在していることです。結婚式の2次会などに参加する方からのタクシーニーズも多いほか、劇場・美術館・庭園など遊興・行楽スポットも意外に豊富なので観光利用のお客様もおられます。

新橋で稼げるスポットとは?

人も車も多い新橋は、ルートの渋滞状況とともにタクシー需要の傾向を把握しながら営業することが重要です。ここでは、タクシー運転手が東京で稼ぐために絶対攻略したい新橋の特徴と稼げるスポットをご紹介します!

汐留口タクシー乗り場

新橋駅で安定的にお客様をお乗せできるスポットと言えば、代表的な公式乗り場である「汐留口」乗り場です。ここはとにかくお客様が途切れないため、新人乗務員さんでも心配少なく付け待ちすることができます。ただ、メインの稼ぎ時は朝のラッシュ時から夕方のラッシュ時くらいまでなので、夜間はあまりお勧めしません。日中この乗り場の付近を通る場合は必ず覗く習慣をつけ、タクシーが不足していそうな状況であれば迷わず並びます。優良会社と一般会社が隣り合わせて待機する構造になっていることも覚えておきましょう。

レンガ通り

日中稼げるのが汐留口乗り場なら、夜にタクシー需要が高まるスポットがこのレンガ通りです。レンガ通りは外堀通りの「新橋2丁目」交差点から環二通りに至るまでの区間ですが、人気飲食店が建ち並び、深夜まで人通りが途絶えないのが特徴です。特に平日の夜9時くらいから翌1時くらいまでに営業に行くことをお勧めします!注意点は、レンガ通りと並行して延びている外堀通りに向かう大通りで、ここは新橋2丁目交差点を先頭に激しく渋滞するスポットです。外堀通りでタクシーを拾われるお客さんは単価が高い傾向ですが、ここは渋滞を回避することで営業効率を高めた方が賢明と言えます。

新橋で稼ぐために知っておきたいポイント

新橋で狙いたい時間帯は、何と言っても夜です。特に飲み会や接待帰りのビジネスパーソンのお客様は長距離をご利用になる、いわゆる「ロング」の方も多いため、時間帯を狙って営業をしましょう。最もお勧めできる時間帯は夜10時から深夜1時くらいまでです。ここでも注意したいのが渋滞で、夜遅い時間帯であっても、飲食店が並ぶ人気スポットのレンガ通り周辺は渋滞しやすく、場合によっては激しく混み合います。夜間の外堀通りは単価の高いお客様をお乗せできるチャンスがありますが、とにかくよく混むので効率的に営業できないリスクもあります。

東京で稼ぐためにタクシー運転手が攻略すべき街④東京駅

東京駅エリアは、東京の玄関口として終日多くの人々が行き交う活気溢れる地域です。東京駅へ向かう方・東京駅から都内各所へ向かう方など、タクシー需要が途絶えません。ここではタクシー運転手が東京で稼ぐために絶対攻略したい東京駅エリアの特徴と稼げるスポットをご紹介します!

東京駅エリアの特徴とは?

東京駅エリア周辺は高層ビルが密集し、「これぞ東京!」といった街並みが広がっています。高層ビルのうちの大半はオフィスビルで、全国的に有名な大企業の本社ビルをはじめとしたビル群は圧巻です。駅周辺はビジネス街ですが、再開発されたエリアもあり、八重洲口の「グラントウキョウ」は連日盛況を見せているほか、東京駅丸ノ内口近くの複合商業施設も人気を博しています。

観光面で言えば、「行幸通り」のクリスマスイルミネーションがすっかり季節の風物詩となり、冬期には観光客も増えタクシーも稼ぎ時となります。また東京駅南口の広大なバス乗り場は、都内はおろか全国各地の発着スポットとして終日人の出入りがさかんです。

東京駅で稼げるスポットとは?

東京駅周辺は、永代通り・外堀通り・八重洲通りなど、タクシー需要の多いルートばかりの稼げるエリアです。特に新人ドライバーさんが稼ぎやすい「テッパン」の営業スポットを知っておくと、よりモチベーションもアップするでしょう。ここでは、タクシー運転手が東京で稼ぐために絶対攻略したい東京駅エリアの特徴と稼げるスポットをご紹介します!

各タクシー乗り場

東京駅には公式のタクシー乗り場がたいへん多く、稼げるスポットが充実しているのが特徴的です。
例えば八重洲口中央口タクシー乗り場 ・丸の内北口・南口優良タクシー乗り場などは、朝から夜までだいたいいつ営業に行っても、ニーズに困りません。ただし、信号のタイミングの兼ね合いでどの乗り場も流れがいいとは言えないのが難点です。その割りに1度入構すると出づらい構造なので、近くに行った際は、待機車両が多くないことを確認してから入ることをお勧めします!

また、八重洲降車場に特徴的な注意点ですが、ここでお客様を降ろしたタイミングで、新幹線で東京駅に来られた方から乗車したいと声をかけられるケースがあります。よほどスムーズに乗っていただければ問題ないですが、ここは付け待ち厳禁の場所なので、時間がかかってしまうと違反を取られてしまう可能性もあります。絶対に付け待ちと見なされるような停車の仕方をするのはやめましょう!

八重洲仲通り

八重洲周辺は一大ビジネス街ですが、仲通りに延びている飲食店街は、オフィス街で働くビジネスマンの方々がよく利用されるため、夜遅い時間に長距離利用も含めた単価の高い上客に出会える可能性が高いお勧めポイントです。ご帰宅の足に使われる方も多いので、ある程度郊外などへのルートも頭に入っていないといけませんが、お客様単価を上げて営業効率を向上させたい場合には、たいへん使えるスポットとなっています!

東京駅エリアで稼ぐために知っておきたいポイント

東京駅エリアはタクシー需要が多い稼げる街ではありますが、その分お客様の目的地もよりバリエーションが増えます。特に東京駅周辺は夜の飲み客のご帰宅だけでなく、遠方までタクシーで行かれる方も少なくないため、高速道路の入口までの正しいルートはしっかりと予習しておかなければなりません。ロングのお客様をお乗せすることで営業効率も仕事の幅もグンと向上しますが、そのためにはノウハウを身につけておくことも重要なのです!

東京は優良タクシー会社が密集!ベストな一社を選ぶ方法とは?

東京はタクシーニーズに困ることのないエリアで、物価も高いですが、営業が上手になれば一般的な会社員を続けていては稼げなかったレベルの収入を得ることも夢ではありません。ただ、東京には優れたタクシー会社が多すぎて、どこを選べばいいのかわからないという壁にぶちあたる人が多いのも事実です。

タクシー業界は外からは見えにくい独特の世界で、求人サイトに記載された条件を見ているだけではどこも同じように感じてしまいます。しかし、実際には各会社に個性があるため、誰にでも働きやすい会社というのはないのです。タクシー運転手に転職する際に最も気をつけるべきなのは、会社選びです。ご自身が譲れない労働条件を満たす会社がどこなのか、自分に合う風土を持った会社はどこなのかを知りたければ、ぜひプロのコンサルタントにご相談ください。

弊社プロタクは東京のタクシー会社事情に精通し、実際のタクシー業務についても懇切丁寧にアドバイスをするノウハウを持っています。転職を成功させ、自分に合う会社で第二の人生を輝かせたい方は、迷わずプロタクまでお問い合わせください。あなたにとって最高の一社をマッチングさせます!

【まとめ】東京の稼げるエリアを攻略したタクシー運転手は無敵

タクシー運転手として稼げる場所はいろいろですが、大きく稼ごうと思えば、やはり東京の右に出るエリアはないと言わざるを得ません。とにかくタクシー需要が桁違いですし、人口が過密し富裕層も多く居住する分、自ずと稼ぐチャンスが増えるのです。また、東京で働いたことのない地方出身者の方でも、独身寮を備えた大手会社に入れば転職を機に上京して快適に稼ぐことができるでしょう。最初は勉強することが沢山あって大変でも、もともと転職者の多い業界で周囲にもなじみやすいので、あまり心配しないで、ぜひタクシー業界に飛び込んでみてはいかがでしょうか!

この記事のまとめ

・東京で営業するタクシードライバーの平均給与は全国トップ!
・東京には優良な稼げるタクシー会社が多い
・東京でタクシー運転手として稼ぎたいなら新宿・池袋・新橋・東京駅周辺を攻略しよう!
・東京には良いタクシー会社が多い分、どこが自分に合うかの見きわめが重要
転職相談の方はこちらをチェック