タクシー運転手が大崎エリアで稼ぐための必勝法・ルート攻略法

大崎駅周辺はビジネス街と住宅街が混在するエリアです。タクシーがこのエリアで賢く稼ぐには、まずどのようなタクシー需要があるのかを把握しておくことが必要となります。そこで今回は、タクシー運転手が大崎エリアで効率的に稼ぐために必要なノウハウを詳しくご紹介します。大崎エリアの特徴、よく使用する道路に関する情報のほか、稼げるスポット・時間帯などをわかりやすくお伝えしていきますので、大崎での営業を攻略したいとお考えの新人ドライバーの方や今後タクシー業界へ転職される予定のある方などは、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

・大崎エリアの特徴とは?
・タクシー運転手が大崎で稼ぐための道・ルート
・タクシー運転手が大崎で稼ぐためのスポット
・大崎で稼げる時間帯
・【実践編】大崎で稼ぐためのルートを組み立ててみよう
・タクシー運転手が大崎で営業する前に抑えておきたい予備知識

大崎エリアの特徴とは?

大崎は東京都港区に属する町で、駅前には高層オフィスビルが何棟も建ち並んでいる典型的な東京都心部のビジネス街です。平日はビジネスパーソンが行き交うため日中人口が多い反面、土日祝日等の休日は人通りが少なく静かな雰囲気となっています。

大崎駅にはJR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・相鉄線直通のほか、東京臨海高速鉄道りんかい線が乗り入れており、駅の利用者はたいへん豊富です。駅近くは基本的にオフィス街ですが、山手通りにはマンションが多く、地域住民も少なくありません。このため、交通量もそこそこ多めとなっています。

大崎駅西口側には「大崎警察署」があり、ここから少し歩くと戸建てやマンションが展開していて住宅街が広がっているのも大崎ならではです。駅周辺の活気溢れるビジネス街と、少し離れたエリアの閑静な住宅街が共存しているのが大崎界隈の特徴と言えます。

タクシー運転手が大崎で稼ぐための道・ルート

タクシー運転手が大崎で効率良く稼ごうと思えば、まずこのエリアでよく使う道路についてその特徴や注意点などを知っておくことが前提となります。ここでは、大崎エリアで上手に営業するために知っておくべき道路の基本情報をご紹介していきます!

山手通り

山手通りは、品川区「新東海橋」交差点を起点とし、板橋区「仲宿」交差点を終点とする道路で、JR山手線の外側を沿うように走る環状道路です。ここでは、大崎エリアでタクシーが効率良く稼ぐために知っておきたい山手通りの特徴や有益情報をお伝えします。

道路の特徴

山手通りは、平日朝の通勤ラッシュ時の混雑や渋滞に注意が必要です。「大崎広小路」交差点を先頭に流れが悪くなるだけでなく、ひどい場合には「大崎駅前交番前」交差点を経由して、第一京浜と交差する「北品川2丁目」交差点まで渋滞してしまいます。断続的な渋滞が長々と続く日もあるので要チェックです!

有益な情報

「大崎駅前交番前」交差点のゲートシティ側に渡る階段の下でタクシーを拾おうとお待ちになっている方をよく見かけます。夜間、終電前後の時間帯には付け待ちのタクシーがここで列を作ることもあります。

百反通り

百反通りは、品川区「百反通り」交差点を起点とし、品川区「西品川三丁目」交差点を終点とする延長1kmほどの道路です。かつて階段状だった名残りでこのような名称となっているといいます。ここでは、大崎エリアでタクシーが効率良く稼ぐために知っておきたい百反通りの特徴や有益情報を見ていきましょう!

道路の特徴

百反通りは住宅街の中で生活道路となっているため、1日を通じて流れが悪くなったり渋滞が発生したりすることはほとんどないのが特徴です。

有益な情報

平日午前中や日中には、百反通り沿いの裏手の路地からタクシーを拾いたい方が徒歩で百反通りまで出てこられる場合があります。特に朝の通勤ラッシュ時には、通勤手段としてタクシーを探される方もおられ、その場合は 都心部に向かわれるケースもあるので、朝流し営業してみるのもお勧めです。

区役所通り

区役所通りは、品川区百反通り付近を起点とし、品川区「大井町駅」を終点とする道路です。ここでは、大崎エリアでタクシーが効率良く稼ぐために知っておきたい区役所通りの特徴や有益情報を見ていきます。

道路の特徴

区役所通りは、大崎駅付近で渋滞することは滅多にありませんが、平日朝の通勤ラッシュ時に「 品川区役所前」交差点を先頭として大崎方面へ向かって渋滞が発生しやすいため、走行にはこの混雑の影響を受けることがあります。

有益な情報

区役所通り自体はタクシー需要が大きく発生するルートではない一方で、行き来の多い大井町~大崎間を結ぶルートとしてはテッパンと言って良い道なので覚えておいて損はありません!

タクシー運転手が大崎で稼ぐためのスポット

そもそもビジネスパーソンを中心にタクシーニーズが多い大崎では、漫然と流しや付け待ち営業を行っていても効率も売上も上がりません。ここでは、効率の良い営業を行ってライバルに競り勝てるよう、大崎でタクシー需要が多く発生するスポットをご紹介していきます!

大崎駅新西口タクシー乗り場

大崎駅新西口乗り場は回転の早いタクシー乗り場とは言えませんが、夜間は終電前後の時間帯にかけて周辺のオフィスビルから残業を終えられたビジネスパーソンがタクシーをご利用になるケースが少なくありません。稀ではありますが、電車の遅延などが発生した場合にはタクシープールの車両が不足する可能性が高まりますので、頭の片隅に入れておくと良いでしょう!

大崎駅西口東口連絡通路

大崎駅東口のシンボル的スポットとなっているゲートシティ大崎と西側の再開発エリアを結ぶ連絡通路の出入り口付近では、平日の朝の通勤ラッシュ時や夕方の帰宅ラッシュ時にタクシー需要が発生します。ここでは、終電前後の時間になると、終電を諦めたビジネスパーソン等を狙う付け待ち車両が並びます。

大崎で稼げる時間帯

先章では大崎で稼げるスポットをご紹介しましたが、大切なのはムダなく稼げるスポットにいつ営業に行けば良いのかを把握しておくことです。ここでは大崎で効率的に稼げる時間帯をエリアごとに解説していきます!

大崎西口

大崎駅の西口エリアでは、公式乗り場である新西口タクシー乗り場で付け待ちするのが効率が良いと言えるでしょう。ただし、朝の通勤ラッシュ時や夕方の帰宅ラッシュ時など、待機車両がどんどん流れて回転が早くなるタイミングでタクシープールに入らないと、かえって非効率となってしまうので注意が必要です。悪天候や電車の運行状況の変化などがあった場合に近くを空車で走行していたら、車両切れを起こしている可能性もあるので、このような場合はさらに狙い時となります!ただし、待機車両が多い場合はスルーして品川方面へ営業へ行った方が無難です。

大崎東口

大崎駅の東口サイドには商業施設も多く、タクシーは空車実車入り混じって豊富に走行しています。新東口は山手通りにほど近いため、この辺りでタクシーを拾われるお客様はかなり多く見受けられます。ただ、わざわざ何度も通行して粘り強い営業をするほど有力なスポットではないので、通勤ラッシュ時や帰宅ラッシュ時に流してご乗車いただかなければ、そのまま五反田方面へ向かって営業する方が恐らく効率的です!

【実践編】大崎で稼ぐためのルートを組み立ててみよう

ここからは実際に効率よく稼ぐルートを地図を使って解説を致します。
解説の前に地図の見方、凡例を以下に添付したので
ご参考ください。

バスレーンに関して
バスレーンの把握はタクシードライバーをやる上でご自身の免許を守る上で必要不可欠な知識です。
ルールを把握出来ておらず、「一般車が走行しているから」追従してみたというパターンが一番取締を受けやすいので、バス専用レーンはしっかり把握をしておきましょう。

渋滞レーンに関して
渋滞を事前に把握をしておくこともタクシードライバーにとって必要な知識の一つです。
お客様にご乗車時に渋滞情報を共有することでトラブル回避することが出来ます。

大崎駅エリアでタクシーが効率良く稼げるスポットと時間帯をお伝えしてきましたが、ここでは実際に大崎駅周辺の地図を見ながら、どのようなルートで営業を行うのがベストなのかをご一緒にチェックしてみましょう!

大崎で営業する際にまず心得て起きたい点は、流してループ営業をするというより、「たまたま来たついでに乗車申し込みの確率が高いスポットで歩行者の動きに注意しながら走行する」というイメージ を持つということです。以下に、乗車申し込みが多いポイントを見ていきましょう!

①は大崎駅西口の出入り口付近です。
②のシンクパークタワーの乗り場も乗客が多い場所となっています。
③の山手通り沿い、東口の大崎ゲートシティに通じる空中回路の下にも流しタクシーを求める方が集まってきます。

①と②は平日朝の通勤ラッシュ時、夕方の帰宅ラッシュ時に需要が高まるポイントです。
③は23時から夜中の1時ぐらいまでの終電前後の時間帯に需要が多いですが、その分付け待ち車両もそこそこ多く待機しています。ただし、ここで待機列に並ぶよりは、周辺の五反田や品川に移動して流した方が効率面ではかなりベターと言えるでしょう!

タクシー運転手が大崎で営業する前に抑えておきたい予備知識

大崎エリアでタクシーをご利用になる方の目的地はいろいろですが、近隣の目的地として挙げられる方が多いのは、大井町・下神明・戸越公園・西大井・五反田・戸越銀座等です。こうした地名はなかなかの頻度でオーダーされるので、ご注文いただいたらスムーズに向かえるよう、ルートを押さえておくと良いでしょう。先述した辺りですと幹線道路を使わず裏道中心のルートとなるため、この辺りの地理はできる限りしっかりと覚えておかれることをお勧めします!

【まとめ】稼げるルートを覚えて”大崎エリア”を攻略しよう!

大崎エリアは日中人口が多くタクシー需要も豊富です。しかし、わざわざ出向いていって付け待ちや流し営業を行うような街かというと必ずしもそうとは言えません。近くを走行する際に稼げるスポットを覗いてみて、待ち時間少なくご乗車いただけるようなら少し待ったり流したりしてみるのが賢明です。

タクシーニーズの多い品川や五反田といったエリアも近距離なので、「今はここで粘っても無意味だ」と感じた場合は、早めに見切りをつけてそちらへ移動するという決断をすることも時に必要となります。裏道を使ってスムーズに移動できるよう、ルートの予習も欠かせませんね!

この記事のまとめ

・大崎では通勤ラッシュ時と帰宅ラッシュ時にタクシー需要の高いスポットに営業に行ってみると良い!
・大崎では東口の山手通り沿いで終電前後の遅い時間にタクシー需要が発生するが、付け待ちタクシーも多いのであまり粘らなくて良い!
転職相談の方はこちらをチェック