タクシー運転手が品川エリアで稼ぐための必勝法・ルート攻略法

品川はオフィスも商業施設も多いうえ、近頃ではタワーマンションがますます増加して地元住民も増えているタクシー需要の多いエリアです。しかし、使うルートや稼げる場所・時間などのノウハウを把握しておかないと、特に新人ドライバーさんなどは、いつも決まった乗り場で付け待ちするだけ…などということになりかねません。そこで今回は、品川でタクシーが賢く稼ぐために知っておきたい情報を網羅的にご紹介します。品川エリアや用いるルートの特徴はもちろん、実際に品川の地図を見ながら、効率的に営業できるルートの組み立て方も伝授します。新人乗務員の方はもちろん、今後タクシー運転手に転職しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

・品川エリアの特徴とは?
・タクシー運転手が品川で稼ぐための道・ルート
・タクシー運転手が品川で稼ぐためのスポット
・品川で稼げる時間帯
・【実践編】品川で稼ぐためのルートを組み立ててみよう
・タクシー運転手が品川で営業する前に抑えておきたい予備知識

品川エリアの特徴とは?

品川駅エリアは港区に属する町で、駅周辺にはオフィスと商業施設が混在していますが、高層ビルの内訳はほとんどが一般企業の本社・オフィスとなっています。品川は都内や首都圏各地へのアクセスが非常に良いうえ、東海道・山陽新幹線によって東京以西から都内への新たな玄関口ともなっており、ビジネスパーソン・観光客・買い物客など幅広い層からのタクシー需要が豊富です。

品川駅東口(港南口)側は、典型的なオフィス街です。ひしめき合うようにして建つ高層ビルには大小のオフィスが数えきれないほど入居しており、店舗や商業施設は少なめです。一方で駅前はちょっとした繁華街になっていて、豊富とは言えないながら飲食店などもあります。東口エリアは昼夜を問わず車も人も多いのが特徴です。また、もともと東口は埋め立て地であるため、東京湾を渡るとタワーマンションが建ち、多くの住民が居住しています。

品川駅の西口(高輪口)側は、駅前のわかりやすい場所にタクシー乗り場があり、ニーズは安定的です。目抜き通りである「第一京浜」が駅前を走っていて、交通量は多く終日混みあいます。「柘榴坂」は有名ホテルの密集地としても知られ、タクシードライバーにもおなじみのスポットとなっています!

タクシー運転手が品川で稼ぐための道・ルート

品川はタクシー需要が多いエリアではありますが、より効率良く稼ぐためには、品川で営業する際に使う道路について熟知していくのが近道です。ここでは品川エリアでタクシーが営業する際に必ず把握しておきたい道路・ルートの特徴や有益情報についてご紹介します!

第一京浜

第一京浜は、港区「新橋」を起点とし、大田区「六郷橋」を終点とする道路です。第一京浜という名称はいわゆる通称であり、本来は国道15号線に当たります。多くの主要道路と交わる都内有数の大動脈です。ここではタクシーが品川で営業する際に知っておくべき第一京浜の特徴・有益情報をお伝えします。

道路の特徴

品川駅前交差点を先頭として、平日朝の通勤ラッシュ時にバス専用レーンが機能することから車線が一つ潰れるため、渋滞が発生しやすくなります。

有益な情報

日中から夜間にかけて、上り車線新橋向きに「品川駅前高輪口」交差点でタクシーの需要が発生するので要チェックです。このニーズの多さを狙って集まったタクシーが付け待ちしていることも多いですが、ここは駐停車違反の取り締まりを行っている場合もあるので、付け待ち営業はやめておきましょう!

旧海岸通り

旧海岸通りは、港区「芝四丁目」を起点とし、品川区「新東海橋」交差点を終点とする道路です。先ほどご紹介した第一京浜の「芝四丁目」交差点から始まり、品川では東京湾サイドを走っています。ここではタクシーが品川で営業する際に知っておくべき旧海岸通りの特徴・有益情報を見ていきます!

道路の特徴

旧海岸通りの大きな特徴は、品川駅付近では1日を通して渋滞が発生することがほとんどないという点です。ちなみにこのルートは品川では東口(港南口)側を通っています。

有益な情報

主に平日の日中ですが、「港南2丁目」交差点から「楽水橋」交差点までの区間は上り下りともにタクシーの需要が発生しやすくなっています。夕方までの時間帯が狙い目です!

海岸通り

海岸通りは、港区「蓬莱橋」を起点とし、大田区「平和島六丁目」を終点とする道路です。品川エリアでは品川シーサイドのそばを通ります。ここではタクシーが品川で営業する際に知っておくべき海岸通りの特徴・有益情報を見ていきましょう。

道路の特徴

海岸通りは日中常時一定以上の交通量が見られるものの、1日を通して渋滞が発生することが滅多にないのが特徴です。ただし、早朝6時台については、浜松町田町方面から進行してきて「港南4丁目」交差点を先頭に品川ふ頭方面へ左折する大型車が混み合うと、渋滞が発生することもあります。

有益な情報

ワールドシティタワーズ周辺は、特に平日午前中を中心にタクシー需要が発生するエリアです。建物の反対車線でも歩行者が渡ってこられてお乗りくださる可能性があるので、走行時には安全確認をしっかりと行った上で、沿道をよく観察しましょう!

タクシー運転手が品川で稼ぐためのスポット

品川はビジネスパーソンや買い物客など、日中人口が大変多くタクシー需要も安定的に豊富なエリアです。しかし、ライバルよりも効率的に稼ぐには、稼げるスポットを念頭に置いて営業することが重要です。ここでは品川エリアでタクシーが効率的に稼げるスポットをご紹介します!

高輪口タクシー乗り場

品川駅の高輪口タクシー乗り場は乗客の多いスポットではありますが、一定の条件が揃った時のみ付け待ちするのが効率的です。ここは雨が降るとすぐに車両不足になるのが特徴なので、降雨時には待機車両が少なくなります。また、品川駅前郵便局付近から並んだ場合、先頭まで概ね10分かかるので、郵便局から並べる場合は好回転のサインです。雨と列の長さ、この2つの条件が揃った時は付け待ち営業されるのもアリと言えるでしょう!

港南口タクシー乗り場

品川の港南口乗り場は、午前中を中心に回転が速いのが特徴です。夕方から夜にかけて周辺のマンションへ帰宅される地域住民の方画だはもちろん、新幹線利用者で中距離ご利用になるお客様もおられるので 、覗いてみる価値は十分にあると言えます!

三角州

三角州とは、港南口サイドで夜8時頃から夜中の1時ぐらいにかけて 周辺の飲食店街を中心にタクシーの需要が発生する、タクシー業界では知られたスポットです。ビジネス接待をされた後にタクシーチケットを利用されたい方がここでタクシーを拾われれることも少なくないので、夜の8時から10時にかけて様子を窺いに立ち寄るのもお勧めです。ちなみにこの「三角州」という呼び名は、一部のタクシードライバーが名付けた通称とされています!

品川で稼げる時間帯

品川でタクシーが稼げるスポットは先章まででおわかりいただけたことでしょうが、場所と併せてここで新たにインプットしておきたいのが稼げる時間帯です。品川は日中人口が非常に多いので、賢く営業していかないとかえってムダな走行が多くなってしまいます。品川でしっかり稼げるようになりたい乗務員さんはぜひ参考にしてください!

品川高輪口優良タクシー乗り場

乗り入れ路線の多い品川駅の中にあって、各在来線の出口からもアクセスが良いのが高輪口乗り場です。朝から夕方まで日中は全般的に需要が多く安定しています。メインのお客様層がビジネスマンなので、最もニーズが多いのは通勤ラッシュ時に該当すると帰宅ラッシュ時に当たる夕方です。また、天気が悪い日・降雨時にはさらにグッと需要が高まり、待機時間も圧縮され回転が速まります。こうした条件を満たした時に近くを走行していた場合は、ここで付け待ちされると効率が良いでしょう。

港南口タクシー乗り場

港南口タクシー乗り場は、新幹線をご利用になったお客様からのニーズが多い場所です。港南口サイドはそもそも再開発ゾーンで乗り場が整然としておりタクシープールも広々としていますが、やみくもに待機してしまうと非効率になる場合もあるため、夜8時以降に高単価なお客様狙いで立ち寄ってみるのがお勧めです。また、近くの飲食店密集地である「三角州」で流す方がご乗車いただける可能性が高い場合もあります!

【実践編】品川で稼ぐためのルートを組み立ててみよう

ここからは実際に効率よく稼ぐルートを地図を使って解説を致します。
解説の前に地図の見方、凡例を以下に添付したので
ご参考ください。

バスレーンに関して
バスレーンの把握はタクシードライバーをやる上でご自身の免許を守る上で必要不可欠な知識です。
ルールを把握出来ておらず、「一般車が走行しているから」追従してみたというパターンが一番取締を受けやすいので、バス専用レーンはしっかり把握をしておきましょう。

渋滞レーンに関して
渋滞を事前に把握をしておくこともタクシードライバーにとって必要な知識の一つです。
お客様にご乗車時に渋滞情報を共有することでトラブル回避することが出来ます。

品川はスケールの大きな街であるわりに、タクシーで上手に稼げるスポットはなかなか限られています。ですが逆を言うと、ポイントを押さえてさえおけば、かなり効率的に稼げるということになります。ここでは、実際の品川駅周辺地図を見ながら、より効率を重視したタクシーの営業ルートをご覧に入れます。あまり効率良く稼げていないとお悩みの乗務員さんはぜひ参考にしてください!

まず前提として覚えておきたいのは、品川で流し営業をするのに適しているのは港南口で平日の夜8時から終電の時間帯ぐらいまでだということです。しかし人口密度が高いことや駅・繁華街から少し距離が離れていることを考慮すれば、あまり粘った営業はお勧めできません。以上の点を踏まえて、営業ルートを見てみましょう!

①は、電車が走っている時間帯であれば、平日休日問わず高輪口から徒歩で道路を渡って来られた方がタクシーをお止めになるケースが見られます。ただ要注意なのが違反です。①ではこの需要を期待した付け待ち車両が集まるのが恒例となってはいますが、ここは取り締まり重点区間なので、付け待ち営業はやめておきましょう!

②一部のドライバーの中からは 三角州と呼ばれているスポットで、平日土日問わず夜の8時ぐらいから三角州を囲うようにして待機車両の列ができます。駅から歩いて来られた方や周辺の飲食店・カラオケ店を利用された方の中には、敢えて流しのタクシーを選ばれるお客様もお見えになるので、試しに1~2周流してみるのもお勧めです!

タクシー運転手が品川で営業する前に抑えておきたい予備知識

品川はとにかく駅自体が巨大なので、タクシー乗り場からご乗車になるお客様の目的地はまさに千差万別です。ただ、高輪口タクシー乗り場から近隣の目的地として指定されることが多いのは高輪・白金台・西五反田・東五反田・上大崎等など一定の傾向もあるため、覚えておくと役立ちます。

また、港南口タクシー乗り場の場合 、周辺のタワーマンション名やオフィスビルまでを目的地とされるお客様が多いことから、ワールドシティタワーズ ・スポーツ報知 ・東京出入国在留管理局 ・東京海洋大学などへのルートはあらかじめ確認しておくと良いでしょう!

【まとめ】稼げるルートを覚えて”品川エリア”を攻略しよう!

品川は駅の利用者が多いことや都内屈指のアクセスの良さ、大規模なオフィス街など、日中の人口が多くなる条件の揃ったエリアです。ただし、タクシーで効率良く稼ぐとなると、やみくもに流したり、タクシー乗り場で付け待ちしているだけではなかなか成果があがりにくくなってしまいます。

乗り場で付け待ちする時には、待機車両が少ない場合や雨が降っていてお客様の列が長くできている場合など、状況をよく見きわめてから並ばれることをお勧めします。また、夜間には三角州や港南口乗り場で単価の高いロングのお客様を狙った営業を展開してご覧になるのも効果的です!

この記事のまとめ

・品川駅の高輪口タクシー乗り場は日中の需要が安定的だが効率を考えるなら朝と夕方が狙い目
・夜間の高単価のお客様に出会いたいなら、港南口乗り場の付け待ちか三角州の流し営業がおすすめ!
転職相談の方はこちらをチェック