タクシー運転手が目白エリアで稼ぐための必勝法・ルート攻略法

東京23区内で営業するタクシー運転手にとって、富裕層のお客様が多く含まれる目白は、上手に営業できるよう攻略したいエリアの一つです。ですが、もしかすると経験の浅い乗務員さんの中には、目白で何に気をつけて営業したらいいのかわからないとお悩みの方もおられるかもしれませんね。そこで、今回は高級住宅街の代名詞「目白」でタクシーが効率良く稼ぐためのノウハウをご紹介します。目白の街や道路の特徴・有益な情報、稼げるスポット・時間帯の解説に加え、目白の地図を見ながら実践的な営業ルートの組み立て方もお見せします。新人ドライバーさんはもちろん、これからタクシー業界に転職しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね!

目白エリアの特徴とは?

目白は東京都豊島区に属する町で、この記事ではJR山手線目白駅を中心として駅周辺エリアを指して目白エリアと呼びます。目白エリアは都内でも有名な高級住宅地で、お客様の中にもこうした住宅街へのお帰りの足にタクシーを使われる方が目立ちます。

後ほど詳述しますが、JR目白駅を出てすぐ延びているのが「目白通り」です。駅を背にした右側は「学習院大学」キャンパスが広がっているのが印象的です。「目白通り」を渡ったところには、イタリアン・中華の人気店や有名ショコラティエのパティスリー、さらに高級スーパーなどが軒を連ねています。また、「目白通り」から内側へ進行すると住宅街が続いていきます。

駅を背にしてその左側にはオフィスビルや飲食店が並ぶエリアです。「目白通り」から奥へ進んでいくと、道幅の狭い裏通りに個人経営のお店が並んでおり、知る人ぞ知る人気のスポットとなっています。細い通りを進んでいけば、こちらも住宅街に行き当たります。なお、駅から徒歩5分には美しい庭園で有名な「目白庭園」があり、目白の中では行楽や観光の対象として挙げられるスポットです。

タクシー運転手が目白で稼ぐための道・ルート

タクシーが目白で効率的に稼ぐには、まずエリア内でよく使う道路についてしっかりと把握しておく必要があります。そこで、この章では、目白での営業には欠かせない2つの道路の特徴と有益な情報をご紹介します!

目白通り

目白通りは、千代田区「九段下」交差点を起点とし、練馬区「三原台二丁目」交差点を終点とする道路です。ここでは、目白通りで営業する際にタクシー運転手が知っておくべき特徴・有益情報を見ていきます。

道路の特徴

目白通りの大きな特徴は、車の流れが常に良いことです。地域住民の多い目白駅界隈では、朝の通勤ラッシュ時や夕方の帰宅ラッシュ時には交通量は増えますが、目白通りで渋滞が発生することはほとんどありません。

有益な情報

平日朝の通勤ラッシュ時になると、目白駅までもしくは池袋駅までを目的地とされるタクシーユーザーが目立ちます。また、土日祝日の午後に椿山荘でイベントが開催される日は、目白駅の向かい側の信号で先頭に停車できると、50%以上の確率でお客様にご乗車していただけるという経験則があります!

明治通り

明治通りは、港区「古川橋」を起点とし、江東区「夢の島」を終点とする道路です。渋谷や新宿など都内の主要エリアの目抜き通りに当たる交通量豊富なルートとなっています。ここでは、目白エリアにおける明治通りで営業する際にタクシー運転手が知っておくべき特徴・有益情報を見ていきます。

道路の特徴

明治通りでは、平日朝の通勤ラッシュ時にの特徴として、新目白通りと交わる「高戸橋」交差点を先頭に、池袋方面から進行してくると流れが悪くなっていることがほとんどなので走行時には注意が必要です。

有益な情報

池袋方向に限定的ですが、「鬼子母神西参道」の信号から南池袋一丁目にかかる歩道橋までは短い間隔で信号が連続しており、この辺りでは信号無視の取り締まりが頻繁に行われています。油断しやすいスポットで、タクシーの中にも捕まる車両が多いため、注意が必要です。また、都電荒川線「学習院下」駅付近では通勤ラッシュ時を中心にタクシー需要が発生します。

タクシー運転手が目白で稼ぐためのスポット

目白エリアでタクシーが上手に稼ぐためには、どこに行けばお客様を獲得できるのか知っておかなければなりません。ここでは、タクシーが目白で営業する際にはまず行ってみたい稼げるスポットをご紹介します!

目白駅前

目白エリアで圧倒的に稼げる可能性が高まるのは、先述したように、目白駅前の目白通りを渡った地点に該当する目白駅前交差点です。土曜日曜祝日に「椿山荘」でイベントが行われた場合、この交差点からタクシーに乗られる方が非常に多いので、赤信号でタイミング良く先頭か先頭に近い位置で止まることができれば、かなりの高確率でご乗車いただけます!ただし、これはあくまで可能性のお話なので、何度も回ってきて粘るようなポイントではありません。ここにこだわるよりは、新宿や池袋へ流した方が効率面でもベターです!

目白で稼げる時間帯

目白でタクシーが稼ごうと思った場合、いつ頃営業に向かうのが望ましいのでしょうか?ここでは、タクシー運転手が目白駅周辺で営業するべき「稼げる時間帯」について解説していきます。目白でタクシー需要のある時間帯がイマイチ分からないという方は、ぜひ参考にしてくださいね!

*朝の通勤ラッシュ時。(特に目白通り)

目白駅タクシー乗り場

目白駅には公式なタクシー乗り場があり、電車利用者が唯一の出口を出て駅を背にして左側へ進んだところに西向きと東向きに乗り場が併設されています。しかし、ここは一日中待機するような流れの良い乗り場ではありません。ただ、待機車両が完全にいない場合もあるので、朝夕のラッシュ時にこの乗り場を覗いてみて、待機タクシーが全くいなければ寄っていくのも良いでしょう。また、朝の通勤ラッシュ時は、目白通りを流すのが最も効率的!流し営業していると、お客様に呼び止めてていただけることがあります。速度や沿道にいる方の動きに十分気をつけながら走行しましょう!

【実践編】目白で稼ぐためのルートを組み立ててみよう

ここからは実際に効率よく稼ぐルートを地図を使って解説を致します。
解説の前に地図の見方、凡例を以下に添付したので
ご参考ください。

バスレーンに関して
バスレーンの把握はタクシードライバーをやる上でご自身の免許を守る上で必要不可欠な知識です。
ルールを把握出来ておらず、「一般車が走行しているから」追従してみたというパターンが一番取締を受けやすいので、バス専用レーンはしっかり把握をしておきましょう。

渋滞レーンに関して
渋滞を事前に把握をしておくこともタクシードライバーにとって必要な知識の一つです。
お客様にご乗車時に渋滞情報を共有することでトラブル回避することが出来ます。

ここまでは目白で稼げるスポットや営業すべき時間帯をご紹介してきましたが、この章では実際に目白駅周辺の地図を見ながら、営業ルートの組み立て方を解説します!目白における営業のシミュレーションにお役立てくださいね。

①は目白3丁目交差点です。歩行者信号の信号が点滅するタイミングでこの「目白3丁目」交差点を通過するとちょうど目白駅前の信号で停車することができます。土日の日中などで椿山荘で結婚式などのイベントが開催されている場合には、この走り方をすれば50%以上の確率でお客様にご乗車していただけます。ここでダメなら、あまり粘らずに新宿および池袋方面へ流しましょう!

タクシー運転手が目白で営業する前に抑えておきたい予備知識

目白でタクシーをご利用になる方の行き先はさまざまですが、一つの傾向はあります。例えば、平日朝の通勤ラッシュ時には、目白通り沿いに目白駅まで、もしくは池袋駅までをご指定になるお客様が多いということです。

また、くり返しになりますが、土日祝日の午後に椿山荘でイベントがある日には、目白駅前交差点付近でタクシーを拾われる方が非常に多いため、この信号で先頭で停車することはきわめて重要となります。礼服や正装など、お客様も見た目で判別できる方がわりとおみえになるので、需要を見逃さないよう気をつけながら信号で停車できるよう試してみてください。

【まとめ】稼げるルートを覚えて”目白エリア”を攻略しよう!

目白は高級住宅街なので、繁華街や若者の密集地とは異なり、道路事情も良好です、その代わり、わざわざ営業に出向くほどの大量のタクシー需要は期待できません。ただ、朝夕の通勤ラッシュ時には、住宅街である利点を実感することもできます。近くを通りかかる場合には、通勤やご帰宅にタクシーを使われる方に注意しましょう。また、土日祝の椿山荘利用のお客様も狙いどころです。あまり執着し過ぎない程度に頑張ってくださいね!

この記事のまとめ

・目白は都内有数の高級住宅街!
・目白駅周辺は朝夕のラッシュ時にタクシー需要がある
・土日や休日の椿山荘のイベント利用者が駅前交差点でタクシーを拾われます!
転職相談の方はこちらをチェック