タクシー運転手が浜松町エリアで稼ぐための必勝法・ルート攻略法

東京の浜松町は、都内外からのアクセス抜群のオフィス街で、タクシードライバーにとってはその特徴をつかんで上手に営業できるよう攻略しておきたいエリアです。そこで今回は、タクシーが浜松町でムダなく稼ぐために必要なノウハウを網羅的にご紹介します。浜松町の特徴をはじめ、浜松町でタクシーの営業をする際に知っておくべき稼げるスポットや時間帯、また、効率的に稼ぐためのルートの組み立て方などについてもわかりやすくお伝えします。新人ドライバーさんはもちろん、今後タクシー運転手に転職する予定のある方はぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読んだらわかること

・浜松町エリアの特徴とは?
・タクシー運転手が浜松町で稼ぐための道・ルート
・タクシー運転手が浜松町で稼ぐためのスポット
・浜松町で稼げる時間帯
・【実践編】浜松町で稼ぐためのルートを組み立ててみよう
・タクシー運転手が浜松町で営業する前に抑えておきたい予備知識

浜松町エリアの特徴とは?

浜松町は東京都港区に属し、港区内では東部に位置する町です。浜松町駅は東京や品川といった東京の玄関口に近いだけでなく、JR山手線・京浜東北線・根岸線のほか東京モノレールも乗り入れている、たいへんアクセスの良いビジネス街です。駅直結の「貿易センタービル」には飲食店や医療施設なども入居しており、駅周辺を利用する方の利便性を高めています。

浜松町エリアはオフィスビルや雑居ビル非常に多く、通りを行き交う方々もビジネスパーソンの割合が圧倒的多数となっています。このため、平日に人出が多くなる一方、週末には人通りが少ないのも特徴です。ただし、海側と駅の北側には商業施設やマンションなど、大規模ではありませんが居住者エリアもあります。

この一角に延びている「芝神明商店街」は居酒屋さんが多い通りとなっており、仕事を終えたビジネスパーソンを中心に夜は賑わいを見せます。このあたりは都営地下鉄大門駅も非常に近いので、タクシー需要は夜を中心に少なくありません。

タクシー運転手が浜松町で稼ぐための道・ルート

浜松町駅は、観光客や買い物客が多い都内の他エリアとは一線を画するビジネス街で、タクシー運転手が効率的に営業を行うにはどのルートでどう稼ぐかを心得ておく必要があります。ここでは浜松町でタクシーが稼ぐために知っておいていただきたい基本の道路情報をご紹介します!

海岸通り

海岸通りは、港区「蓬莱橋」を起点とし、大田区「平和島六丁目」を終点とする道路です。首都高速が上を走る区間が長いのが特徴で、首都高速都心環状線の入口との接続地点もあります。ここでは浜松町における海岸通りでタクシーの営業をする際に知っておくべき情報を見ていきましょう!

道路の特徴

浜松町というよりも新橋エリアのルートではありますが、新橋方面から浜松町へ移動する際によく使うので、把握しておきたい通りです。この道は汐先橋交差点を先頭に平日朝の通勤ラッシュ時から夕方にかけて、新大橋通りへ右折するポイントでしばしば渋滞が発生します。首都高速の下を通っている道路であるため見通しが悪いうえ、右折レーンへの車線変更がしにくいのが特徴です。新橋方面から来た場合に浜松町の駅へはどこで曲がるのか、景色でしっかりと覚えておかれると良いでしょう。

有益な情報

「五色橋北詰」交差点から芝商業高校前までの区間には両サイドにオフィスビルが並んでいます。この区間では平日の日中を中心に乗車申し込みをしばしばお受けするので、空車で近隣を通る場合には注意しながら走行してみましょう!

第一京浜

第一京浜は、港区「新橋」を起点とし、大田区「六郷橋」を終点とし、品川までは山手線、品川からは京浜急行本線に沿って延びている道路です。ここでは浜松町における第一京浜でタクシーの営業をする際に知っておくべき情報を見ていきます。

道路の特徴

平日夕方の帰宅ラッシュ時になると、「大門」交差点を先頭として新橋方面から流れが悪くなることがあります。また、平日朝の通勤ラッシュ時には、「金杉橋北」交差点を先頭に田町方面から流れが悪くなることがあるのも特徴的です。

有益な情報

「金杉橋北」交差点から「大門」交差点を越えて新橋までの区間では、平日の日中を中心にタクシーをお求めになる方がおられます。この通りは空車タクシーも多く走行していますが割とチャンスはあるので、沿道へ出てこられるお客様の見落としには要注意です!

日比谷通り

日比谷通りは、千代田区「神田橋」を起点とし、港区「芝五丁目」交差点を終点とするルートで、都内有数のビジネス街における大通りです。地下に都営地下鉄三田線が走っているのが大きな特徴となっています。ここでは浜松町エリアの日比谷通りでタクシーの営業をする際に知っておくべき情報をお伝えします!

道路の特徴

日比谷通りでは夕方の帰宅ラッシュ時になると、「芝公園グランド前」信号を先頭に増上寺付近まで は流れが悪くなることがよくあります。

有益な情報

御成門方面や東京タワー方面から浜松町の駅へ向かう場合、日比谷通りから「増上寺前」交差点を経由するよりも港区役所の前の道を使うことをお勧めします。タクシー営業的にはこちらが鉄板ルートとなっていますので、覚えておきましょう!

タクシー運転手が浜松町で稼ぐためのスポット

浜松町はオフィス街なので、タクシーをご利用になるお客様は、乗り場でじっくり並んでご乗車される方と同じくらい、敢えて流しているタクシーをつかまえてさっと乗りたいという方も多い印象です。ここではタクシーが浜松町で上手に稼ぐために押さえておきたいスポットとコツをご紹介しましょう!

旧貿易センタービル前乗り場

この乗り場は、平日・土日祝にかかわらず、JRやモノレールをご利用になった方が、日中から夜ににかけての幅広い時間帯でタクシーに乗車される乗り場でしたが、現在は工事により廃止状態です。本来タクシー需要が非常に安定的な場所だったせいか、現在はここからほど近い都営地下鉄大門駅出口付近でしばしば乗車申し込みされます。第一京浜沿いのA2A4出口付近でタクシーに乗られる方が多く、この近くは公式乗り場ではないにもかかわらず付け待ちしている車両も見受けられます。付け待ち車両よりも流しに乗られる方も多いので、信号で上手に止まることで沿道のお客様にアピールしましょう。

大門交差点

大門交差点付近では、平日の夜8時から深夜1時ぐらいにかけてタクシーの需要が多く発生します。中に長距離利用、いわゆるロングのお客様も紛れているため、大門交差点を起点として流し営業をしていくのが効率的です。なお、この方法で1~2周してお客様にご乗車していただけない場合は、しつこく粘らずに新橋や銀座へ移動した方が賢明です!

浜松町で稼げる時間帯

はじめにお伝えしておきますと、タクシーのビジネス利用がメインの浜松町駅界隈では、タクシー需要が多いのは朝9時から夕方にかけての時間帯です。ただし、浜松町での営業でお客様単価の良さに重きを置くのであれば、平日の夜を狙いましょう。ここでは浜松町でタクシーが稼げる時間帯について解説します。

浜松町駅北口タクシー乗り場

浜松町北口乗り場は貿易センター乗り場のことですが、先述しました通り、この乗り場は工事の関係で現在廃止されています。ただ、以前のようにタクシーをご利用になりたいお客様が、この付近でご乗車になるのが恒例となっており、タクシーも多く集まっています。ビジネス利用者が多い界隈なので、朝の通勤ラッシュ~夕方の帰宅ラッシュの日中全般の時間帯、つまり朝7時30分頃~夕方18時くらいまでは安定的に乗車申し込みがあります。

大門交差点付近

浜松町駅北口周辺が広く日中の時間帯に稼げる場所である一方、大門交差点付近は夜のタクシー需要が増える界隈です。このエリアでは、残業や飲み会・接待が終わった後のビジネスパーソンが「大門」交差点まで出てきてタクシーに乗車申し込みをされるケースが目立ちます。特に遅い時間帯にご乗車になる方は長距離利用される”ロング”のお客様もおみえになるので、そうなれば単価が上がり営業効率が高まります。夜8時~深夜1時くらいまでが狙い目です!

【実践編】浜松町で稼ぐためのルートを組み立ててみよう

ここからは実際に効率よく稼ぐルートを地図を使って解説を致します。
解説の前に地図の見方、凡例を以下に添付したので
ご参考ください。

バスレーンに関して
バスレーンの把握はタクシードライバーをやる上でご自身の免許を守る上で必要不可欠な知識です。
ルールを把握出来ておらず、「一般車が走行しているから」追従してみたというパターンが一番取締を受けやすいので、バス専用レーンはしっかり把握をしておきましょう。

渋滞レーンに関して
渋滞を事前に把握をしておくこともタクシードライバーにとって必要な知識の一つです。
お客様にご乗車時に渋滞情報を共有することでトラブル回避することが出来ます。

浜松町は主にはオフィス街なので、日中のビジネス利用のお客様層と、同じビジネスパーソンでも夜の接待や飲み会後にタクシーを使われる層とを別の層としてとらえる必要があります。ここでは、お客様単価が上がる傾向にある夜間の浜松町での営業ルートをいかに効率的に組み立てるかについて解説します。とにかくムダなく上手に営業を行いたいという乗務員さんは、ぜひとも参考にしてください!

浜松町エリアで効率的に稼げるのは、平日の夜8時~深夜1時ぐらいにかかる時間帯です。主に終業後や接待後のビジネスマンの方々からタクシー需要が発生します 。大門交差点付近ではロングのお客様も少なくないので、ぜひここを起点に流し営業を試されることをお勧めします。

先述したように、大門の交差点を起点に流し営業をスタートします!
①「芝大門」交差点の手前で左折します。

②の一つ目路地でさらに左折します。

③で第一京浜へ出ます。

④で左折しましょう。

⑤は一つ目の筋ですがここを左折します。

以上のルートで流してご乗車していただけない場合は、しつこく粘らずに新橋や銀座へ移動するのがベターです。上記に⑥界隈の飲食街も合わせて流す方法をバリエーションの一つとして織り交ぜるのも効果的です!

*ライターより
恐れ入りますが、上記⑥が地図上に記されておりません。ご報告まで。

タクシー運転手が浜松町で営業する前に抑えておきたい予備知識

浜松町でタクシーをご利用になるお客様の目的地は、それぞれのお住まいや乗車場所などによって千差万別です。しかし、比較的近場までタクシーを使われる方は、目的地の指定に一定の傾向があるので覚えておきましょう。

浜松町でお客様をお乗せする中で目的地としてよく指定されるのが、港区三田・東麻布 ・芝 ・愛宕 ・新橋などです。これらはなかなか高い確率で指定される地名となっています。お客様がお申しつけになった場合に迷いなく向かえるよう、方向やルートの確認をしておくことが重要です!

【まとめ】稼げるルートを覚えて”浜松町エリア”を攻略しよう!

浜松町は典型的なオフィス街で、平日の日中と夜遅い時間帯にタクシーの出番が多くなるエリアです。日中は単価が比較的安くても旧貿易センター乗り場付近から近場へ行かれるお客様をお乗せするチャンスが多く、夜間は大門交差点近くからロングのお客様に出会えるチャンスがあるという違いはあるものの、いずれも根強くタクシー需要がある稼げる街と言えます。効率にこだわるなら単価が良い夜間に大門交差点起点で流し、なかなかご乗車いただけないようなら粘らず銀座ないし新橋などへ移動するというパターンで営業されてみてはいかがでしょうか!

この記事のまとめ

・浜松町はオフィス街なので土日祝は人通りが少ない
・旧貿易センター乗り場(駅北口付近)は現在廃止中がだ近隣でタクシー需要がある
・効率的に稼ぎたいなら夜間8時~1時くらいの間大門交差点付近で上手に流すこと!
転職相談の方はこちらをチェック